日本語タイトル:固定レート制か変動制か?レジーム・スイッチング・モデルに基づくアジア諸国の為替政策の分析

Pegging or Floating? A Regime-Switching Perspective of Asian Exchange Rate Practices

執筆者 Benjamin KEDDAD (Paris School of Business)/佐藤 清隆 (横浜国立大学)
発行日/NO. 2019年9月  19-E-073
研究プロジェクト 為替レートと国際通貨
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、アジア諸国の通貨政策がどのように変化してきたかを捉えるために、Markov-Switching modelを応用して分析を行っている。2005年8月から2016年8月を分析の対象として、アジア諸国が米ドル、人民元、ユーロ、円、そしてアジア通貨単位(ACU)のいずれの通貨への連動性を高めることによって為替政策を行っているかを明らかにした。また、アジア諸国のマクロ経済変数に着目し、各通貨への連動性の高さがどのような要因によって決定されているかを分析した。実証分析の結果、多くのアジア諸国が通貨バスケットのウェイトを頻繁に調整していることが明らかになった。アジア諸国が自国通貨の米ドルへの連動性を低下させている期間は、人民元との連動性を高めていることが確認された。しかし、米ドルとの連動性を高めている時期はより長期間続いているのに対して、人民元への連動性を高めている時期は相対的に短いことも明らかになった。また、中国への貿易依存度の高さがアジア諸国通貨の人民元への連動性を高める要因であることも明らかになったが、中国との輸出品目の類似性は必ずしも人民元への連動性を高めることにはつながらないことに留意すべきである。

概要(英語)

We propose a two-state Markov-switching version of the Frankel and Wei (MS-FW) model to assess Asian exchange rate policies during the period from August 2005 to August 2016. We impose coefficient constraints on FW coefficients to detect floating and pegging episodes against the main anchor currencies, such as the U.S. Dollar (USD), Renminbi (RMB), Euro, Japanese Yen and Asian Currency Unit. After estimating episodes where Asian currencies co-move with international currencies, we link the estimated regime probabilities to a set of economic fundamentals of Asian countries to identify the determinants of exchange rate regimes in Asia. We reveal that most Asian countries tend to constantly adjust the weight of their currency basket. When Asian countries loosen their peg against the USD, these currencies tend to increase their correlation with the RMB. However, the soft USD peg regime has a longer duration in most Asian countries, while the regime with a large RMB weight tends to be of shorter duration. Finally, we show that China's trade dependence is a key factor in pegging Asian currencies to RMB, though export similarity with China does not necessarily facilitate the RMB regime.