日本語タイトル:社外取締役の投資・経営成果への効果:日本の準自然実験からの検証

Effects of Outside Directors on Firms’ Investments and Performance: Evidence from a Quasi-Natural Experiment in Japan

執筆者 森川 正之 (副所長)
発行日/NO. 2019年9月  19-E-072
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、最近の上場企業における社外取締役の急増を準自然実験と捉え、社外取締役が投資行動及び経営成果に与えた効果を実証的に分析する。日本企業のパネルデータを使用し、非上場企業との比較及び操作変数推計により因果関係の解明を試みる。その結果によれば、上場企業における急速な社外取締役の増員が、積極的な投資やリスクテイキングを促す効果は確認されない。社外取締役の増員が利益率や生産性を高める効果も、少なくとも短期的には見られない。

本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(19-J-030)のデータをアップデートするとともに加除修正を行った上で、英語版にしたものである。

概要(英語)

This study presents evidence on the impact of outside directors on firms' investment behavior and performance with a focus on the recent quasi-natural experiment that rapidly increased the number of outside directors in listed firms. Using a panel of Japanese firms, we compare listed and unlisted firms and conduct instrumental variable estimations to examine causal relationships. The results indicate that the rapid increase in the number of outside directors among listed firms did not promote active investments and risk-taking behavior. In addition, had no significant impacts on the profitability and productivity of the firms at least in the short run.