日本語タイトル:誘致か自由化か:目標設定された投資政策の海外直接投資流入に与える影響

Promotion or Liberalization: The Effect of Targeted Investment Policies on FDI Inflows

執筆者 稲田 光朗 (宮崎公立大学)
発行日/NO. 2019年9月  19-E-071
研究プロジェクト 直接投資および投資に伴う貿易に関する研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、2つの海外直接投資を引きつける政策手段 (目標誘致と選択的自由化)を検討し、2つの手段のどちらがより海外直接投資流入に効果的であるのか実証的に分析するものである。一般的な投資政策は多国籍企業の新規事業誘致を暗黙に仮定しているが、本稿では、政策は新規事業の投資を促すべきか、あるいは既存事業の投資拡大を促すべきか、どちらがより有効であるかについても実証的に検討する。投資政策の効果を識別するため、本稿では中国のWTO加盟によって生じた政策変化の前後で影響を受けた産業と受けなかった産業を比較する、差の差推定を検証する。1999年から2007年までの中国における多国籍企業子会社に関する産業別集計データから得た分析結果によれば、選択的自由化は海外直接投資流入をもたらす効果があったが、目標誘致は効果がなかった。選択的自由化は、とりわけ既存事業の投資拡大によって直接投資流入をもたらしていたことも分かった。こうした結果は、選択的自由化が目標誘致よりも海外直接投資流入に効果的であることを示すものである。さらに、目標誘致は輸出を増加させた一方、選択的自由化はイノベーションを増加させたことが分かった。これは、2つの投資政策が補完的に機能する可能性を示唆している。

概要(英語)

This study empirically examines two Foreign Direct Investment (FDI) policies (targeted promotion and selective liberalization) and quantifies which of the two targeted measures is more effective to attract FDI inflows and to stimulate the activities of Multinational Enterprises (MNEs). We further ask whether policies for promoting FDI inflows should encourage entrants to set up new operations, or whether policies should encourage incumbents to stretch out existing operations. We implement a difference-in-differences estimation that measures the effects of FDI policies by comparing affected and non-affected industries before and after the change of FDI policies in compliance with the Chinese WTO accession. Using aggregated data on foreign equity and sales by MNEs' foreign affiliates in China over the 1999-2007, the results show that selective liberalization has a positive impact on FDI inflows especially from incumbents, while targeted promotion does not. The results suggest that selective liberalization is preferable to targeted promotion.