日本語タイトル:グローバルVARモデルによる非伝統的金融政策が国際金融市場に与えた影響の分析

How Does Unconventional Monetary Policy Affect the Global Financial Markets?: Evaluating Policy Effects by Global VAR Models

執筆者 井上 智夫 (成蹊大学)/沖本 竜義 (客員研究員)
発行日/NO. 2019年4月  19-E-031
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文は、日銀と米国連邦準備制度(Fed)の非伝統的金融政策が金融市場に与えた影響を、国際金融市場への波及効果と、政策効果の状態変化の可能性の両方を考慮に入れたうえで、評価したものである。そのために、本論文では平滑推移(ST)モデルをグローバルVAR(GVAR)モデルに援用したSTGVARモデルを11の国と地域に応用した。分析の結果から、日銀とFedの非伝統的金融政策は、特に近年、金融市場に対して有意に緩和的な効果をもたらしたことが確認された。また、日銀の非伝統的金融政策は、国際金融市場に対して限られた影響しかなかったが、Fedの非伝統的金融政策の影響は大きいもので、その効果は日銀のものと比較して、10倍に及ぶ可能性もあることが示唆された。

概要(英語)

This paper examines the effects of unconventional monetary policies (UMPs) by the Bank of Japan (BOJ) and the Federal Reserve (Fed) on the financial markets, taking international spillovers and a possible regime change into account. To this end, we apply the smooth-transition global VAR model to a set of major financial variables for 10 countries and one Euro zone. Our results suggest that the BOJ and the Fed's expansionary UMPs have had significant positive effects on domestic financial markets, particularly in more recent years. Our results also indicate that the BOJ's UMPs have rather limited effects on international financial markets and that the effect of the Fed's UMPs is approximately ten times larger.