日本語タイトル:経済危機と生産性分布のダイナミックスに関する実証分析―Quantile Approachを用いて―

Productivity Dynamics during Major Crises in Japan: A Quantile Approach

執筆者 安達 有祐 (名古屋大学)/小川 光 (東京大学)/津布久 将史 (大東文化大学)
発行日/NO. 2019年3月  19-E-015
研究プロジェクト 地域経済と地域連携の核としての地域金融機関の役割
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文では、日本の製造業に属する事業所の全要素生産性の変化をCombes et al (2012, Econometrica)が開発したQuantile Approachを用いて明らかにする。具体的には従業者30名以上の事業所の生産性分布を推定し、この分布が不況や経済危機を含めた時期にどのように変化したのかを明らかにしている。分析によって以下の結果が得られた。(i)産業全体で生産性が成長している時には、その成長の程度は生産性の低い事業所の方が大きい。(ii)2008年の世界金融危機の際には製造業全体で生産性にマイナスの影響を受けたが、生産性の高い事業所ではこの影響は小さかった。(iii)市場で活動するために必要最低限な生産性の水準は、危機の時期であっても上昇することはなく、生産性の低い企業の撤退が特に促されたということは観察されなかった。

概要(英語)

This paper presents a new approach to estimating changes in firm productivity. Particular focus is placed on how productivity changed before, during, and after recessions accompanied by crises, using micro data on Japanese manufacturing firms. We depart from the traditional method of comparing (weighted) average productivity before and after a crisis and apply the quantile approach, which estimates the changes in the productivity distribution of surviving firms. The main results indicate that crises have different impacts on firms with different initial productivity levels. First, when productivity improves the industry as a whole, productivity growth is relatively high for firms with lower productivity. Second, in the event of major crises, the productivity decline is more pronounced for firms with lower productivity, whereas the impact on firms with higher productivity is relatively small. Finally, the productivity level required to survive in the market did not rise at the times of crisis and therefore we did not find that firms with low productivity were particularly forced to withdraw from the market.