日本語タイトル:日本銀行によるETF買入政策とその日経平均銘柄への影響

The BOJ's ETF Purchases and Its Effects on Nikkei 225 Stocks

執筆者 原田 喜美枝 (中央大学)/沖本 竜義 (客員研究員)
発行日/NO. 2019年3月  19-E-014
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文は、日銀が2010年12月以降実施し、2013年4月の量的・質的金融緩和以降、拡大しているETF買入政策の効果を分析したものである。より具体的には、日次の株式収益率を前場収益率と後場収益率に分割し、日経平均に含まれている銘柄と含まれていない銘柄の株式収益率を、差分の差分法 (DID)により、政策効果を定量的に評価した。分析の結果によると、日銀がETF購入を実施した日において、日経平均銘柄の後場収益率は、日経平均に含まれない銘柄の後場収益率よりも有意に高いことが明らかとなった。また、ETF買入政策の拡張に応じて、標本期間を4分割にして分析した結果、ETF買入政策は後場収益率に対して、すべての部分標本で有意な正の効果があったことが示唆されたが、その効果は減少傾向にあることも示唆された。最後に、分析結果を基に、半実的なシミュレーションを行った結果、2017年10月の時点で、その累積効果は20%程度となることが示唆された。

概要(英語)

This paper examines the impacts of the Bank of Japan's (BOJ) exchange-traded funds (ETFs) purchasing program that has been conducted since December 2010. The program is a part of the BOJ's unconventional monetary policy and has accelerated since the introduction of the Quantitative and Qualitative Easing in April 2013. In this study, the influence of underlying stocks is assessed by comparing the performance of the stocks (those included in the Nikkei 225 and others) using a difference-in-difference analysis. We also separate morning and afternoon returns to control for the fact that the BOJ tends to purchase ETFs when performance of the stock market is weak, in the morning session. We find that the Nikkei 225 component stocks' afternoon returns are significantly higher than those of non-Nikkei 225 stocks when the BOJ purchases ETFs. However, the subsample analysis demonstrates that the impact on Nikkei 225 stock returns becomes smaller over time despite the growing purchase amounts. Overall, our results indicate that the cumulative treatment effects on the Nikkei 225 are around 20% as of October 2017.