日本語タイトル:金融グローバル化した世界でどうイールドカーブを操作するか?

Managing the Yield Curve in a Financially Globalized World

執筆者 伊藤 宏之 (客員研究員)/フォング・トラン (ポートランド州立大学)
発行日/NO. 2019年2月  19-E-012
ダウンロード/関連リンク

概要

近年、金融のグローバル化によって国際金融市場が国内の資産価値や長期金利に多大なる影響を与えている。Rey(2013)は、グローバル・ファイナンシャル・サイクルが個々の経済に多大な影響を及ぼしており、主要経済以外の経済は、金融政策の独立性を維持するために金融市場を閉ざしたままにしておくか、金融政策の独立性が損なわれても金融市場の開放を維持するかという二者選択に直面していると議論している。しかし、この状況においても、金融市場が開放的である限り、長期金利が資本流出入の影響を受けるので、政策当局者が短期金利によって長期金利を操作することが難しくなり、短期金利が長期金利に反映されないという状態を生む。このペーパーでは、純資本流入量と短期金利と長期金利のリンクの度合いの相関関係について回帰分析を行っており、純資本流入量が多いほど、短期金利と長期金利のリンクの度合いが弱まるという結果が得られた。また、その負の相関関係は、より開放された金融市場、あるいは発展した金融市場ほど強くなりがちであり、国家債務残高が高い経済に見られた。さらに、マクロプルーデンス政策が短期金利と長期金利のリンクにどのような影響を及ぼすかを考察したところ、資本市場全体に影響を及ぼしそうなマクロプルーデンス政策が短期金利と長期金利のリンクを取り戻すのに効果的であるということが分かった。

概要(英語)

It has been increasingly argued that highly globalized financial markets have been playing a bigger role in determining domestic asset prices and long-term interest rates. Rey (2013) argues that global financial cycles essentially dictate the movements of domestic financial markets to such an extent that policy makers have to decide between either retaining monetary autonomy by imposing capital controls, or retaining free capital mobility but relinquishing monetary independence. In such a world, managing long-term interest rates through manipulating short-term interest rates can be difficult. In this paper, we empirically examine whether net capital inflows contribute to weakening the link between short-term and long-term interest rates. We find that economies open to cross-border capital flows or with more developed financial markets tend to have a greater negative relationship between net capital inflows and interest rate pass-through. We also examine whether macroprudential policies can affect the extent of interest rate pass-through and find that broad-based capital macroprudential tools are effective in retaining control of short- to long-term interest rate pass-through.