日本語タイトル:居住用不動産が家計の株式保有比率に及ぼす影響を分解する:日本のミクロデータによる分析

Disentangling the Effect of Home Ownership on Household Stock-holdings: Evidence from Japanese microdata

執筆者 祝迫 得夫 (一橋大学)/小野 有人 (中央大学)/齋藤 周 (年金積立金管理運用独立行政法人)/徳田 秀信 (国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会)
発行日/NO. 2019年2月  19-E-007
研究プロジェクト 企業金融・企業行動ダイナミクス研究会
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文は、2000~2015年の日本の家計レベルのミクロデータに基づき、居住用不動産が家計の株式保有比率(株式保有額/金融資産額)に及ぼす影響を分析する。居住用不動産に係る資産(土地)と負債(住宅ローン)の影響を識別するため、Chetty et al. (2017)が提案した操作変数による推計を行った。具体的には、住宅が購入された年における地域レベルの平均地価と株式保有比率が計測された年における地域レベルの平均地価を操作変数として用いた。本稿の推定結果によれば、住宅ローン額が一定の下で居住用不動産の時価ベースの土地価額が大きい家計ほど株式保有比率が高い一方、土地価額が一定の下で住宅ローン額が大きい家計ほど株式保有比率は低い。また、ホームエクイティが一定の下で土地価額、住宅ローン額がともに大きい場合、株式保有比率には有意な影響はみられないが、住宅ローンの返済額が多くなる。

概要(英語)

Using Japanese household survey micro data for the period 2000–2015, this study examines the effects of home ownership on household stock-holdings. To disentangle the effect of property value and mortgage debt on households' stock-holdings as a share of their liquid financial assets, we apply the instrumental variable approach proposed by Chetty et al. (2017), which employs differences in average house price indices across regional housing markets in the year in which household portfolios are measured and those in the year in which the house was purchased. Our estimates suggest that an exogenous increase in property value (while holding mortgage debt constant) is associated with an increase in stock-holdings as a share of liquid financial assets, while an increase in mortgage debt (while holding property value constant) is associated with a decrease. We also find that a simultaneous increase in property value and mortgage debt (while holding home equity constant) has no effect on households' stock-holdings but is associated with an increase in mortgage debt repayment.