日本語タイトル:企業の教育訓練投資と生産性:日本企業のパネルデータによる分析

Employer-Provided Training and Productivity: Evidence from a Panel of Japanese Firms

執筆者 森川 正之 (副所長)
発行日/NO. 2019年2月  19-E-005
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、日本企業のパネルデータを使用し、企業の教育訓練投資と生産性の関係を定量的に分析する。本稿の特長は、教育訓練ストックのデータを構築して、製造業とサービス産業を区別して分析するとともに、教育訓練と生産性および賃金との間の関係を定量的に比較する点にある。分析結果によれば、第一に、教育訓練は、企業の生産性に対して正の寄与をしている。第二に、生産性の教育訓練ストックに対する弾性値、したがって投資収益率は、製造業に比べてサービス産業の方が顕著に高い。第三に、教育訓練投資の収益は、企業と労働者に対してそれぞれの要素所得シェアに比例する形で帰属している。以上の結果は、企業の教育訓練投資を促進する政策が、特にサービス分野の企業の生産性や賃金を高める上で潜在的に有効な可能性を示唆している。

本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(18-J-021)に加筆修正を行った上で、英語版にしたものである。

概要(英語)

This study presents evidence on the quantitative relationship between employer-provided training and productivity among Japanese firms. The important contributions of this study are its construction of a panel of training stock at the firm-level, its distinction between manufacturing and service firms, and its comparison of the relative contribution of training to productivity and wages. The results indicate, first, that training significantly contributes to the labor productivity of the firm. Second, the estimated elasticity of productivity with respect to training stock is greater for service firms than for manufacturing firms. Third, the elasticities of productivity and wages to training stock are similar in size, meaning that the returns to firms' training investments are shared by their workers in proportion to the wage share of the value-added. These results suggest that policies to promote firms' training investments have the potential to improve productivity and wages, particularly for firms in service sector.