日本語タイトル:景気後退期における資金再配分の規模と効率性

The Extent and Efficiency of Credit Reallocation during Economic Downturns

執筆者 坂井 功治 (京都産業大学)/植杉 威一郎 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2019年2月  19-E-004
研究プロジェクト 企業金融・企業行動ダイナミクス研究会
ダウンロード/関連リンク
備考

2020年11月改訂

概要

資源再配分に関する理論モデルは、経済が後退している局面での資金再配分(credit reallocation)の水準と効率性に関して、互いに相反する予測を示している。本稿では、日本の大企業・中小企業の30年以上にわたる包括的な財務情報(法人企業統計)を用いて、いずれの理論予測が現実と整合的かを検証した。主な結論は以下である。(1)景気後退期の資金再配分の水準は景気拡張期よりも小さく、これは主に資金創出(credit creation)の減少に起因する。(2)この傾向は「失われた10年」においてより顕著であり、この期間には、資金創出だけでなく、中小企業の資金消失(credit destruction)の程度も大きく減少している。(3)資金再配分は経済全体の生産性を改善する方向に機能しているが、景気後退期にはその程度は小さくなり、特に「失われた10年」では経済全体の生産性を低下させる方向に働いている。(4)「失われた10年」での資金再配分の非効率性の要因としては、ゾンビ企業への支援により、生産性の高い企業への資金供給がクラウドアウトされた可能性が考えられる。もう一つの要因として、生産性の高い企業が資金制約に直面した可能性が考えられる。

本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(15-J-035)に加筆修正を行った上で、英語版にしたものである。

概要(英語)

The extant theoretical literature on credit reallocation yields conflicting predictions on both the extent and the efficiency of reallocation during economic downturns. Using a comprehensive dataset of Japanese firms of all sizes spanning a period of more than 30 years, including the period of prolonged economic stagnation called "Japan's Lost Decade," we examine which predictions are consistent with the data to find the following: (1) the extent of credit reallocation is smaller in recessions than in expansions, which is attributable to the decreasing extent of credit creation; (2) this tendency was more pronounced during the Lost Decade, when not only the extent of credit creation but also the extent of credit destruction for smaller firms dropped significantly; (3) credit reallocation generally is efficiency-enhancing, but the extent becomes smaller in recessions and it became efficiency-reducing during the Lost Decade; and (4) one likely reason for this efficiency-reducing reallocation during the Lost Decade is crowding-out by zombie firms during the Lost Decade, while financial constraints on productive firms may be another reason for inefficiencies in the credit market.