日本語タイトル:資金再配分・企業規模・生産性

Credit Reallocation, Firm Size, and Productivity

執筆者 坂井 功治 (京都産業大学)/植杉 威一郎 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2019年2月  19-E-004
研究プロジェクト 企業金融・企業行動ダイナミクス研究会
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では資金再配分の性質やその生産性との関係を、1980年から2014年にかけての日本企業を網羅的に把握するデータセットを用いて分析する。得られた結果は以下の4点である。(1)企業部門における資金再配分は、ネットの資金調達変化を上回るのみならず、労働や資本の再配分の規模をも上回っている。(2)資金再配分の構成要素(資金創出と資金減少)を比較すると、資金減少における変動は資金創出におけるそれを上回っている。(3)資金再配分とネットの資金調達変化は、大企業では景気と順相関している一方で、中小企業では景気とは有意に相関していない。(4)資金再配分は、生産性の高い企業の資金調達が増加して低い企業の調達が減少しており、企業全体の生産性が改善することに貢献している。しかしながら、日本経済や金融市場が度重なる負のショックに見舞われた1990年代における資金再配分は、生産性の高い企業の資金調達が減少して低い企業の調達が増加しており、企業全体の生産性を低くする方向に機能していた。

本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(15-J-035)に加筆修正を行った上で、英語版にしたものである。

概要(英語)

We examine the characteristics of credit reallocation and its relationship with productivity by employing a comprehensive dataset of Japanese firms of all sizes covering the period 1980-2014. We find the following: (1) Credit reallocation across firms is not only substantially larger than the net change in credit but also larger than the reallocation of labor and physical capital. (2) Credit destruction fluctuates more than credit creation. (3) Credit reallocation and net credit changes are procyclical for large firms but they are not significantly correlated with the business cycle for SMEs. (4) Credit reallocation is efficiency-enhancing in general in that the interest-bearing debt of more productive firms increased, while that of less productive firms decreased; however, credit reallocation turned efficiency-reducing during the 1990s, when the Japanese economy and financial markets experienced a series of adverse shocks.