日本語タイトル:輸出の高度化と貿易の弾力性

Export Sophistication and Trade Elasticities

執筆者 Willem THORBECKE (上席研究員)/Nimesh SALIKE (Xi'an Jiaotong-Liverpool University)
発行日/NO. 2018年9月  18-E-061
研究プロジェクト East Asian Production Networks, Trade, Exchange Rates, and Global Imbalances
ダウンロード/関連リンク

概要

国の輸出構造は、為替レートが貿易に与える影響の有り様に影響を及ぼすのだろうか?より高度化された製品の需要の価格弾力性はより低いのだろうか?1992年から2016年までの主要輸出国のパネルデータならびに動的標準最小二乗法を用いて、われわれは、価格弾力性は、医薬品や医療機器などのハイテク財よりも繊維製品や履物などのローテク財に対する方が高いことを明らかにした。また、価格弾力性は、スイスなどの先進諸国よりも中国などの開発途上国の方が大きいことを明らかにした。われわれは、資金の安全な避難場所として資本流入にさらされている諸国、長期的な為替切上げ圧力に直面している諸国、ローテク輸出を専門とする諸国について、こうした知見から政策インプリケーションを導き出した。

概要(英語)

Does a country's export structure impact the way that exchange rates affect trade? Do more sophisticated products exhibit lower demand elasticities? Using panel data for major exporters over the 1992-2016 period and dynamic ordinary least squares techniques, we find that price elasticities are higher for low-technology goods such as textiles and footwear than for high-technology goods such as pharmaceuticals and medical equipment. We also find that elasticities are larger for less advanced countries such as China than for more advanced countries such as Switzerland. We draw policy implications from these findings for countries exposed to safe haven capital flows, for countries facing long-term appreciation pressures, and for countries that specialize in low-technology exports.