日本語タイトル:サービス業海外現地法人の生産販売ネットワーク

Networks of Foreign Affiliates: Evidence from Japanese micro-data

執筆者 Francesca SPINELLI (OECD)/Dorothée ROUZET (OECD)/張 紅詠 (研究員)
発行日/NO. 2018年9月  18-E-057
研究プロジェクト 流動化する日本経済における企業の国内経営と国際化に関する研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究は経済産業省「海外事業活動基本調査」を用いてサービス業に属する現地法人の活動に注目し、製造業に属する現地法人と比較しながら多国籍企業の投資パターンに関する観察事実を提供し、立地戦略の決定要因を分析するものである。観察事実では、現地法人全体の活動は一部の多国籍企業に集中し、その活動は企業規模、生産性、親会社と現地法人の産業に依存していることを示している。現地法人の売上を、現地販売、日本への輸出、第三国への輸出に分解してみると、進出先の顧客に財やサービスを提供する現地法人が多いが、製造業に属する現地法人は第三国への輸出を行う場合が多いことが分かった。また、同地域の第三国にアクセスするための拠点として進出することも少なくない。海外進出の決定要因について回帰分析した結果から、企業特性だけでなく、進出先の市場特性(市場規模、日本からの距離、税制、労働市場、研究開発、貿易障壁など)も重要であることが明らかになった。規模の大きい、生産性の高い親会社は輸出プラットフォーム型の直接投資(FDI)、とくに通関手続きが迅速でサービス貿易制限と投資規制の少ない国にFDIを行う傾向がある。日本から距離の近い国、技術とデジタル・インフラストラクチャーで競争優位を持つ国では企業内貿易が活発に行われる一方、国内市場の大きい国、規制の少ない国では現地販売が多くなる。これらの結果はグローバルな生産ネットワークに統合する重要性及びFDIを誘致する政策のプライオリティを示唆している。

概要(英語)

The paper provides evidence on the investment patterns of Japanese multinational enterprises (MNEs) across countries and industries and analyzes the main drivers of Japanese foreign direct investment (FDI) location strategies, using detailed micro-data on Japanese parents and affiliates statistics. The main stylized facts point to the high degree of concentration of the activity of Japanese multinationals and differences in size and productivity depending on parents' and affiliates' main industry groups. The breakdown of affiliate sales by destination markets reveals that Japanese MNEs establish services affiliates primarily to maximize the proximity to local customers, while foreign affiliates in manufacturing sectors tend to engage more with third countries. Yet, some economies emerge as strategic gateways to other destinations in the region. The econometric analysis further analyzes the drivers of Japanese MNEs' expansion abroad in search of new markets, production efficiency, and regional or global platforms. Important factors shaping Japanese FDI decisions include firm characteristics and host market specificities such as market size, proximity, labor costs, technology, and trade policy barriers. The largest and most productive parents are more likely to invest in FDI-export platforms, particularly in host countries with efficient customs procedures and more favorable services trade and investment regulation. Distance and comparative advantage in terms of skills and digital infrastructure play a stronger role in intra-firm trade, while the size of the domestic market and the local regulatory environment are important attractive points for affiliates that sell mostly locally. Overall, the paper stresses the importance of better integration into global production networks and the policy priorities to attract and maximize the benefits of FDI inflows.