日本語タイトル:特許拒絶理由引用の選択:三極比較による実証

The Choice of Examiner Patent Citations for Refusals: Evidence from the trilateral offices

執筆者 和田 哲夫 (学習院大学)
発行日/NO. 2018年7月  18-E-046
研究プロジェクト 産業のイノベーション能力とその制度インフラの研究
ダウンロード/関連リンク

概要

日米欧の主要三極で基本的な特許制度は共通であり、特許拒絶の理由となる新規性・進歩性には大きな差はないが、同一発明からなされた三極出願に対し、特許査定結果が異なる場合が多いことが先行研究によって知られている。この同一発明からなされた三極出願に対して、三極で審査官から示された拒絶理由にはどの程度の違いがあるか、実証的に明らかにした先行研究はない。そこで本研究は、国際特許ファミリを用いて、また、今までほとんど計量分析の前例がない、拒絶理由を構成する特許引用に限定し、審査官引用の三極比較を行う。具体的には、DOCDB国際特許ファミリが同一という意味で技術内容が同じ三極出願に対して、各庁が拒絶理由として示している特許文献は、特許ファミリの重なりが小さいことを、優先年が2003年から2010年の三極出願サンプルに基づいて示す。次に、欧州特許庁(EPO)のサーチレポートにおいてX/Y引用カテゴリが付いている特許引用と、米国特許商標庁(USPTO)の拒絶理由となっている特許引用を、国際特許ファミリを用いて比較し、特許出願の特許分類範囲が広いほど、またEPOでの審査時間がかかるほど、米・欧の審査官が異なる拒絶理由を用いている、という結果を示す。引用が技術波及範囲の測定手段に使われることが多いが、特許審査官が引用を決定することの影響の一部を明らかにしたことが、本研究の計量書誌学への貢献と考えられる。

概要(英語)

This paper compares X/Y patent citations (i.e., those cited as grounds for rejections) between major patent offices. It reveals discrepancies between the offices, despite the common patentability criteria of novelty and inventive steps to generate citations. This paper also examines how the discrepancies of X/Y patent citations at the European Patent Office (EPO) and the U.S. Patent and Trademark Office (USPTO) relate to the characteristics of applications and longitudinal aspects of office actions. X/Y patent citations of both the EPO and USPTO commonly show that the range of patent application classes is positively correlated with divergent reasons for refusal. One novel methodological feature of this paper is that examiner citations across jurisdictions are comparable if we employ family-to-family citations and common criteria for the X/Y citation category. Furthermore, unlike the normal citation-generating process where a citing document adds citations to prior art only once, this paper represents the first attempt to analyze a citation network with multiple citing opportunities for separate parties, thereby providing a new perspective on the notion of breadth in citation impact.