日本語タイトル:有権者はジェンダーステレオタイプ通りの候補者を好むのか?日本におけるコンジョイント分析の結果から

Do Voters Prefer Gender Stereotypic Candidates? Evidence from a conjoint survey experiment in Japan

執筆者 尾野 嘉邦 (ファカルティフェロー)/山田 真裕 (関西学院大学)
発行日/NO. 2018年6月  18-E-039
研究プロジェクト 人々の政治行動に関する実証研究ー経済産業面での政策的課題に対するエビデンスベースの処方箋の提示を目指して
ダウンロード/関連リンク

概要

日本において女性議員は圧倒的に少なく、議員比率に大きな男女格差が生じる理由のひとつとしてよく挙げられているのが、有権者が女性候補者に対して偏見を抱いているという点である。本研究では、選挙に際して候補者の性別は有権者にとってどの程度重要な判断材料になっているのか、さらにジェンダーに基づくステレオタイプ・イメージから逸脱した候補者は有権者の支持を失うのか否かについて解明するために、コンジョイント実験を行う。実験結果によると、有権者の投票行動において候補者の性別は統計的に有意な影響を与えており、女性候補者は男性候補者に比べて不利な立場にあるだけでなく、女性らしく振舞わなかった場合に、有権者からネガティブな評価を下されてしまう可能性があることが判明した。この結果からは、選挙戦略を考える上で、女性候補者はジェンダー・ステレオタイプに沿った行動をとることによる利益と性別を強調することによる利益の両方に目配せする必要があり、男性候補者に比べて難しい選択に迫られるということが推測される。

概要(英語)

The striking under-representation of women in Japan has been partly attributed to gender stereotypes and prejudice toward female leadership among voters. We examine whether and to what extent candidates get rewarded or punished when they deviate from the behavioral expectations associated with their gender roles and images. Our conjoint experiment results in Japan demonstrate that not only are female candidates disadvantaged compared to their male counterparts, but also that they could lose support when they diverge from gender-based behavioral expectations. Our findings suggest that female candidates face a difficult dilemma in that they must weigh the cost of losing support for failing to conform to gender-based expectations, against the general loss of support they would incur for conforming to these expectations.

Forthcoming: Ono, Yoshikuni, Yamada, Masahiro. "Do Voters Prefer Gender Stereotypic Candidates?: Evidence from a Conjoint Survey Experiment in Japan," Political Science Research and Methods.