日本語タイトル:選挙のための保護主義と貿易ショック:候補者データを利用した実証分析

Trade Exposure and Electoral Protectionism: Evidence from Japanese politician-level data

執筆者 伊藤 萬里 (リサーチアソシエイト)
発行日/NO. 2018年5月  18-E-034
研究プロジェクト デジタル経済における企業のグローバル行動に関する実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、日本の国政選挙に出馬した候補者データ(2009〜2014年)を使用し、候補者の貿易政策に関する選好と選挙区の貿易ショックとの関係を実証的に分析するものである。具体的には、第1に、中国からの輸入変化によって貿易ショックを捉え、最終消費向けと生産向けそれぞれについて、立候補する政治家の貿易政策の選好に与える影響を検証する。第2に、選挙の重圧が貿易ショックの影響を高めるか否か検証する。分析結果は、第1に、中間財など生産向け財の輸入増加は、候補者の貿易自由化支持を妨げることを示しており、この効果は選挙区の輸出増加の影響を考慮してもなお残るものであった。第2に、この効果は、選挙に有利な現職の候補者よりも新人候補に強いこと、参議院議員よりも選挙の重圧が相対的に強い衆議院議員の候補者に顕著であること、得票において圧倒的な支持を得る候補者ほど弱いこと等が明らかとなった。選挙区で貿易ショックに直面する候補者は、選挙の重圧が強まるほど保護主義的な貿易政策を掲げる傾向がある。

概要(英語)

This study empirically examines the effect of economic shocks of trade on trade policy preferences of candidates who run for national elections, using politician-level data of Japan during the period 2009-2014. The focus of this research is the examination of how the influence of trade shocks measured by import competition with China on politicians' trade policy preferences is related to election pressure. The results reveal that an increase in import exposure of goods for production use deters candidates from supporting trade liberalization even after considering offset by export exposure. Among other points, this protectionist effect is more pronounced for challengers than for incumbents, for candidates who run for the Lower House election and are exposed to stronger pressures of elections than those who run for the Upper House election, and for candidates with weak voter support than for those who are supported by a substantial majority. Taking these findings into account, politicians who face trade shocks tend to appeal to protectionist trade policies as the pressures of elections become stronger.