日本語タイトル:米国の製造業がさらされる為替レートの影響

The Exposure of U.S. Manufacturing Industries to Exchange Rates

執筆者 THORBECKE, Willem (上席研究員)
発行日/NO. 2018年2月  18-E-005
研究プロジェクト East Asian Production Networks, Trade, Exchange Rates, and Global Imbalances
ダウンロード/関連リンク
備考

2018年5月改訂

概要

安全資産に対する需要と為替操作がドル高、ひいては米国の経常赤字拡大を招いている。製造業の貿易赤字は産業空洞化を引き起こし、その結果、保護主義が生じている。動的最小二乗法(DOLS)の結果、米国の輸出弾力性は、自動車、玩具、木材、アルミニウム、鉄、鉄鋼などの財で1以上である。中国からの輸入に関しては、履物、無線機、スポーツ用品、照明、腕時計の為替レートに対する弾力性は1に近い値か1以上で、鉄鋼、アルミニウム、その他製造業の製品、金属工具では0.5以上の値である。中国以外の国からの輸入に関しては、電熱器具、無線機、家具、照明、その他製造業の製品、アルミニウム、自動車、プラスチックなどの業種で弾力性が高い。米国の輸出と、特に中国からの輸入については、高度な製品の場合、為替レートの影響は比較的少ない。また、貿易弾力性が高い業種の多くで、ドル高に伴い株式の利回りが低下している。このように、一部の製造業はドル高の影響にさらされている。政策立案者は、ユーロ、円、人民元を代替的な準備通貨にシフトさせることで、ドル高に歯止めをかけ、保護主義の圧力を回避できる可能性がある。

概要(英語)

Safe asset demand and currency manipulation increase the U.S. dollar and the U.S. current account deficit. Deficits in manufacturing trade cause dislocation and generate protectionism. Dynamic ordinary least squares (OLS) results indicate that U.S. export elasticities exceed unity for automobiles, toys, wood, aluminum, iron, steel, and other goods. Elasticities for U.S. imports from China are close to one or higher for footwear, radios, sports equipment, lamps, and watches, and exceed 0.5 for iron, steel, aluminum, miscellaneous manufacturing, and metal tools. Elasticities for U.S. imports from other countries are large for electrothermal appliances, radios, furniture, lamps, miscellaneous manufacturing, aluminum, automobiles, plastics, and other categories. For U.S. exports and especially for U.S. imports from China, trade in more sophisticated products are less sensitive to exchange rates. Stock returns on many of the sectors with high export and import elasticities also fall when the dollar appreciates. Several manufacturing industries are thus exposed to a strong dollar. Policymakers could weaken the dollar and deflect protectionist pressure by promoting the euro, yen, and renminbi as alternative reserve currencies.