日本語タイトル:日本の中小企業部門の効率性について-ゾンビ企業仮説と企業規模の視点から

Efficiency among Japanese SMEs: In the context of the zombie firm hypothesis and firm size

執筆者 後藤 康雄 (リサーチアソシエイト)/Scott WILBUR (南カリフォルニア大学)
発行日/NO. 2017年12月  17-E-123
ダウンロード/関連リンク

概要

金融研究の分野では、以前から、企業-銀行間の長期的取引関係において、企業の経営環境の悪化にもかかわらず、銀行の融資スタンスが緩和する「ソフトバジェット問題」の可能性が指摘されていた。こうした中、近年わが国では、金利減免や追い貸しを伴う「ゾンビ企業」と呼ばれる非効率的な企業に対して、研究、政策の視点から大きな注目が集まってきた。本稿の分析の焦点は、わが国のゾンビ企業に関する議論において相対的に分析が乏しかった中小階層の企業である。その結果、(1)中小階層にもゾンビ企業と識別される企業が多いこと、(2)ゾンビ化した後に業況が改善する企業も少なくないこと、(3)特に中小企業ではいったんゾンビ化すると退出の確率が高まること、(4)ゾンビ化して退出する企業の退出時の経営パフォーマンスは、非ゾンビ状態で退出する企業のそれよりも悪いこと、などが確認された。

概要(英語)

The "soft budget problem," by which banks loosen their lending stances toward long-term client firms despite worsening business conditions, has been widely discussed in the field of financial studies. In Japan, this problem has attracted attention particularly in connection to so-called "zombie firms," financially weak firms sustained by discounted interest rates and evergreen lending which have become a major research and political interest in recent years. In this paper, we focus on zombie firms among small and medium-sized enterprises (SMEs), a corporate category that has hitherto received less consideration in the discussion about Japan's zombie firms. We find that: (1) many zombie firms exist among SMEs; (2) some zombie firms eventually emerge from zombie status; (3) once a firm becomes a zombie, its probability of exit increases especially among SMEs; and (4) the economic performance of exiting zombie firms is worse than those of exiting non-zombie firms.