日本語タイトル:グローバル・バリュー・チェーンへの参加と売上、要素投入に関する日本の工場間の異質性

Japanese Plants' Heterogeneity in Sales, Factor Inputs, and Participation in Global Value Chains

執筆者 伊藤 公二 (コンサルティングフェロー)/Ivan DESEATNICOV (筑波大学)/深尾 京司 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2017年10月  17-E-117
ダウンロード/関連リンク

概要

近年、国境・産業を越えた生産工程の細分化が世界的に普及・進展し、グローバル・バリュー・チェーン(GVC)が果たす役割の重要性が強調されている。このため、GVCの分析のため国際産業連関表を構築する複数のイニシアティブが推進されている。しかし、同一産業においても輸出や国際活動には企業や工場間で異質性があり、こうした異質性を考慮しないと国際産業連関表を利用した分析にバイアスが生じるおそれがある。

そこで、本稿は、事業所-従業者マッチングデータを利用してOECDの国際産業連関表(Inter-Country Input–Output table, ICIO table)における日本の製造業に属する16業種の産出活動を輸出向け・国内販売向けに分割し、さらに、分割したICIO tableを用いて、OECD-WTOの付加価値貿易(Trade in Value Added, TiVA)指標のうち、前方連関(forward linkage)および後方連関(backward linkage)の指標を計算し、両者の比較・検討を行った。

我々の計算したforward linkageの指標はオリジナルのTiVAの指標よりも低意水準であった。この結果は企業の国際化の実態と極めて整合的である。同じ製造業の中でも特に生産性の高い一部の企業だけが国際活動を積極的に推進しており、輸出を通じて海外需要を呼び込むと同時に、生産の海外移転や企業内貿易、オフショアリングなどを通じて製品に体化された付加価値の多くを海外で生み出す一方、大半の企業は国内からの調達・国内向け販売に終始しており、輸出向け生産と国内販売向け生産では投入産出構造が大きく異なっている。分割したICIO tableはこうした投入産出構造の相違を反映しているものと思われる。

概要(英語)

Recent research has emphasized the importance of global value chains (GVCs) in inter-country linkages and international production fragmentation. Several initiatives have attempted to construct multi-country input-output tables (MIOTs) to analyze these trends. However, heterogeneity in export and domestic activities among firms within the same industry may cause biases in analyses that rely on MIOTs.

This paper has two main objectives. First, we use matched employer-employee data for Japan to split output in each industry in Japan's manufacturing sector in the Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD) Inter-Country Input-Output (ICIO) table into output for export or domestic sale. Second, using our split ICIO table, we compute trade in value added (TiVA) indicators to examine the participation of Japanese manufacturing plants in GVCs and compare our results with the OECD-WTO TiVA indicators.

Our estimates suggest that Japan's forward participation in GVCs is lower than in the original OECD-WTO TiVA indicators when we take plant heterogeneity within industries into account. We infer that this result is due to higher cross-border production fragmentation as well as the large presence of multinational companies and intra-industry trade in the manufacturing sector.