日本語タイトル:JGBイールドカーブとクレジットスプレッドカーブの無裁定決定要因

No-arbitrage Determinants of Japanese Government Bond Yield and Credit Spread Curves

執筆者 沖本 竜義 (客員研究員)/鷹岡 澄子 (成蹊大学)
発行日/NO. 2017年7月  17-E-104
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、国債イールドカーブと社債クレジットカーブに関して、観測可能なマクロ経済変数をファクターとするアフィン期間構造モデルを提案する。日本のデータを用いて、無裁定条件に基づいて2つのカーブの決定要因を分析した結果、2つのカーブに対して、金融政策指標が重要な決定要因であるとともに、質への逃避行動が大きな影響を持つことが明らかになった。それに加えて、本稿の分析によると、米国10年債金利や米国信用スプレッドなどの海外ファクターも、重要な決定要因であることが示唆された。一方、インフレ指標は決定要因ではないことが明らかになり、他国の先行研究と大きく異なる結果となった。また、インパルス応答や要因分解により、各無裁定決定要因が2つのカーブに与える影響を評価したところ、金融政策指標と米国10年債金利が大きな影響をもつことが明らかとなった。

概要(英語)

We introduce an affine term structure model with observed macroeconomic factors for the government bond yield and credit spread curves. Empirical results based on the model selection using Japanese data demonstrate that the government bond yield and credit spread curves are dominated by monetary policy and suggest that the flight-to-quality behavior considerably affects the government bond yield. In addition, our results indicate that global economic forces, such as the U.S. Treasury yield and Baa-Aaa credit spread, play a major role in the joint dynamics of government yield and credit spread curves, complementing a growing body of literature explaining what drives the yield and credit spread curves. Our contemporaneous response and historical decomposition analyses find that monetary policy and global economic and financial forces have large impacts on all maturities and curves.