日本語タイトル:人口動態、移民と市場規模

Demographics, Immigration, and Market Size

執筆者 福村 晃一 (大阪大学)/長町 康平 (香川大学)/佐藤 泰裕 (東京大学)/山本 和博 (大阪大学)
発行日/NO. 2017年7月  17-E-103
研究プロジェクト 都市システムにおける貿易と労働市場に関する空間経済分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では世代重複モデルを用いて、平均寿命の延びが市場規模にどのような影響を及ぼすかを分析する。モデルでは、人々は、子供の数と差別化された財の消費量を決め、国の内外の効用差に応じて移民が発生する。こうした設定の下では、長寿化は、市場規模、そして、社会厚生に3つの経路を通じて影響を及ぼす。まず、老後への備えが必要になるため、子供の数を減らす効果、次に、1人当り生涯消費の増加、最後に、長寿化が起きた世代の効用が増すことから移民が生じる効果である。最初の効果は社会厚生に負の、後者の2つの効果は正の影響を及ぼす。このモデルのパラメータを、戦後日本とアメリカのデータを最もよく再現できる値に設定して、正負どちらの効果が支配的か吟味したところ、負の効果が支配的であることが分かった。また、日本が長寿化の市場規模や社会厚生への負の効果を緩和するために、移民の受け入れが有効であることが分かった。

概要(英語)

This paper constructs an overlapping generations model wherein people decide their number of children and levels of consumption for differentiated goods. We further assume that immigration takes place according to the difference between the utility inside and outside a country. We show that an improvement in longevity has three effects on the market size and welfare: First, it decreases the number of children. Second, it increases the per capita expenditure on consumption. Finally, it increases immigration. The first effect has negative impacts on market size and welfare whereas the latter two effects have positive impacts. We then calibrate our model to match Japanese and U.S. data from 1955 to 2014 and find that the negative effects dominate the positive ones. Moreover, our counterfactual analyses show that accepting immigration in Japan can be useful in overcoming population and market shrinkage caused by an aging population.