日本語タイトル:米国天然ガス市場と米国経済のショックに対する非対称な反応に関する定量分析

Asymmetric Reactions of the U.S. Natural Gas Market and Economic Activity

執筆者 Bao H. NGUYEN (Australian National University)/沖本 竜義 (客員研究員)
発行日/NO. 2017年7月  17-E-102
研究プロジェクト 商品市場の経済・ファイナンス分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿の目的は、米国天然ガス市場と米国経済のショックに対する反応が、景気循環の局面に応じて異なることに関して、実証分析により新たな事実を明らかにすることである。そこで本稿では、平滑推移ベクトル自己回帰(STVAR)モデルを援用することにより、経済状況に応じて、米国天然ガス市場と米国経済の異なる反応を捉えることを試みる。STVARモデルによる分析の結果、米国天然ガス市場のショックに対する反応が好況と不況で大きく異なることが示唆され、またその反応は妥当なものとなった。たとえば、原油価格ショックは不況時には天然ガス生産を減少させるが、好況時には生産を増加させることが明らかとなった。また、原油価格ショックは、不況時には長期的に天然ガス価格に与える影響は軽微であるが、好況時には天然ガス価格を大きく上昇させることも明らかになった。それに加えて、米国経済はエネルギー価格ショックに対して、好況時よりも不況時のほうがより大きな影響を受けることが明らかとなった。

概要(英語)

This paper provides new empirical evidence on the asymmetric reactions of the U.S. natural gas market and the U.S. economy to its market fundamental shocks in different phases of the business cycle. To this end, we employ a smooth-transition vector autoregression (STVAR) model to capture the asymmetric responses depending on economic conditions. Our results indicate that the STVAR model provides a plausible explanation to the behavior of the U.S. natural gas market, which reacts asymmetrically in both bad and good times. For example, a positive real oil price shock has a negative impact on natural gas production in recessions, while the responses of natural gas production to the same shock are significantly positive during expansions. In addition, the positive relationship between the oil and natural gas prices is more prominent in expansions in the long run. In addition, U.S. economic activity is found to be much more sensitive to oil and natural gas price shocks occurring in recessions than in expansions.