日本語タイトル:連邦準備制度理事会の大規模な資産買い入れがインフレ期待に与えた影響について

The Effect of the Fed's Large-scale Asset Purchases on Inflation Expectations

執筆者 THORBECKE, Willem (上席研究員)
発行日/NO. 2017年7月  17-E-097
研究プロジェクト East Asian Production Networks, Trade, Exchange Rates, and Global Imbalances
ダウンロード/関連リンク

概要

2008年、米国の総需要が激減し、デフレを招いた。米連邦準備制度理事会 (FRB) はデフレ対策として大規模な資産買い入れ (LSAP) を実施した。LSAPに関する報道はインフレ期待にどのような影響を与えたのだろうか? LSAPによってインフレ率が上昇すると予想した場合、投資家はインフレの影響を受けやすい資産を売却し、インフレに対しヘッジ効果をもつ資産を購入する。これによってインフレの悪影響を受ける資産の価格は下落し、インフレの恩恵を受ける資産の価格は上昇する。このことから、資産価格の変化とインフレ感応度の関係を調べることにより、金融市場がLSAP報道にどのように反応したかについて明らかにした。調査の結果、LSAPの発表は当初、期待インフレ率を押し下げており、LSAP報道が期待インフレ率を押し上げたのは、インフレ水準が目標値に近づいた後であった。

概要(英語)

In 2008, U.S. demand collapsed and triggered deflation. The U.S. Federal Reserve (Fed) employed large-scale asset purchases (LSAP) to fight deflation. How did news of LSAP affect inflationary expectations? If investors believed that LSAP would raise inflation, they would sell assets exposed to inflation and purchase inflation hedges. This would lower the prices of assets that are exposed to inflation and raise the prices of assets that benefit from inflation. Examining the relationship between asset price changes and inflation sensitivities can thus shed light on how financial markets process LSAP news. The results indicate that initially LSAP announcements lowered expected inflation. Only as inflation approached its target did news of LSAP raise expected inflation.

Forthcoming: Thorbecke, Willem. "The Effect of the Fed's Large-Scale Asset Purchases on Inflationary Expectations," Southern Economic Journal.