日本語タイトル:移民受入れへの社会的抵抗を緩和できるか:広報活動の効力

Countering Public Opposition to Immigration: The impact of information campaigns

執筆者 Giovanni FACCHINI (ノッティンガム大学)/Yotam MARGALIT (テルアビブ大学)/中田 啓之 (上席研究員)
発行日/NO. 2017年6月  17-E-094
研究プロジェクト 高齢化社会における移民に対する態度の調査研究
ダウンロード/関連リンク

概要

移民に対する一般社会の感情は、往々にして敵対的である。そのため、多くの先進国において移民の社会への融合は、最も重要かつ困難な課題の1つとなっている。本稿は、広報活動によって移民への反対を減退させることができるのか、移民受入に消極的な法体系と世論を併せ持つと言われる日本での移民政策への態度に関する大規模な実験結果を報告する。日本全国の調査対象に対して、移民受入による潜在的な社会的、経済的便益に関連する情報を与え、情報の影響を測定した。実験群(トリートメント)によっては、移民受入への支持が12〜21ポイント上昇し、統制群よりも70%も高い支持率になった。また、より開放的な移民政策を支持する政治行動を取るようになる効果も確認できた。さらに、情報を与えられてから10~12日後でも、効果が減退すれども持続したことを特記する。これらの結果は、移民の有益な影響を示す広報活動により、流入する外国人への敵意を減退させることの潜在的な価値を示すものである。

概要(英語)

Popular sentiment toward immigration is often antagonistic, making the integration of migrants one of the most important yet daunting challenges facing societies in advanced economies. Can information campaigns decrease public opposition to immigration? This paper reports results from a large-scale experiment conducted in Japan, a country with highly restrictive immigration laws and widespread anti-immigration sentiment. We exposed a large national sample of citizens to information pertaining to potential social and economic benefits from immigration. Depending on the treatment, we find that this exposure led to increased support for allowing more immigrants into the country by 12-21 percentage points, or over 70% above the baseline rate. The treatments also motivated citizens to take political action in support of a more open immigration policy. Notably, while smaller in magnitude, many effects also persisted 10-12 days after the treatment. The results highlight the potential value of combating enmity to incoming foreigners with campaigns that inform the public about the key positive impacts of immigration.