日本語タイトル:職業資格制度と労働市場成果

Occupational Licenses and Labor Market Outcomes

執筆者 森川 正之 (理事・副所長)
発行日/NO. 2017年5月  17-E-078
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、日本における職業資格と労働市場成果の関係について、独自に実施した個人サーベイのデータを用いて、新たな観察事実を提示するものである。一般資格と独占的資格とを区別するとともに、職業資格の単なる保有と仕事での使用とを分けて分析していることが本稿の特長である。回答者のうち半数以上が何らかの職業資格を保有しており、医療・福祉、教育をはじめとするサービス部門を中心に、全就労者の4割近くが仕事に利用している。職業資格は労働市場成果に対して大きな影響を持っており、特に女性や高齢者の就労や賃金に対して正の関係を持っている。反面、職業資格制度は、非効率な独占レントを通じて市場の効率性に負の影響を持っている可能性がある。サービス経済化が進む中での職業資格の重要性に鑑みると、職業資格の保有や使用の実態について定期的に実態把握を行うことが望ましい。

(本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(17-J-009)に修正を加えた上で、英語版にしたものである)

概要(英語)

Using an original survey data of individuals, this paper presents empirical evidence on the relationship between occupational licenses and labor market outcomes. The novelty of this study is that it provides a distinction between the possession and actual use of licenses, as well as a distinction between monopolistic licenses and certifications. Occupational licenses have a large presence in the Japanese labor market. More than half of the respondents in this study hold monopolistic licenses or certifications, and nearly 40% of the respondents use either one of them in their current jobs. The use of licenses and certifications are particularly prevalent in the service sector, such as the health care and education industries. The possession of occupational licenses has positive impacts on the labor market attachment and wages of females and elderly people. On the other hand, occupational licensing may negatively affect market efficiency, through the creation of monopoly rents. While considering the importance of occupational licenses as a trend in the service economy, it is desirable to survey the possession and use of occupational licenses periodically.