日本語タイトル:生産ネットワーク、地理と企業パフォーマンス

Production Networks, Geography, and Firm Performance

執筆者 Andrew B. BERNARD (Dartmouth College)/Andreas MOXNES (University of Oslo)/齊藤 有希子 (上席研究員)
発行日/NO. 2016年3月  16-E-055
研究プロジェクト 組織間の経済活動における地理的空間ネットワークと波及効果
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、企業のパフォーマンスにおける、仕入販売関係、地理空間、生産ネットワークの構造の重要性を分析した。我々は、企業がタスクをアウトソースし、異なる地域の仕入先をサーチするシンプルなモデルを構築した。サーチやアウトソーシングのコストが低くなるとより多くの良い仕入先を見つけることが可能となり、企業の限界生産コストを下げることになる。我々は、この理論を検証するために、日本の新幹線の開通を用いて、モノの移動コストを変えずに、人の移動コストを削減する効果を確認した。企業の仕入販売関係に関する大規模なデータを用いて、企業のパフォーマンスの上昇と新しい仕入販売関係の構築に対して有意な結果を確認した。モデルと整合的な結果である。

概要(英語)

This paper examines the importance of buyer-supplier relationships, geography, and the structure of the production network in firm performance. We develop a simple model where firms can outsource tasks and search for suppliers in different locations. Low search and outsourcing costs lead firms to search more and find better suppliers. This in turn drives down firms' marginal production costs. We test the theory by exploiting the opening of a high-speed train line (shinkansen) in Japan which lowered the cost of passenger travel but left shipping costs unchanged. Using an exhaustive dataset on firms' buyer-seller linkages, we find significant improvements in firm performance as well as creation of new buyer-seller links, which are consistent with the model.

Forthcoming: Bernard, Andrew, Andreas Moxnes, and Yukiko Saito. "Production Networks, Geography and Firm Performance," Journal of Political Economy.