日本語タイトル:通貨高は輸出競争力に影響を与えるか―日中韓の産業別実質実効為替レート―

Exchange Rate Appreciation and Export Price Competitiveness: Industry-specific real effective exchange rates of Japan, Korea, and China

執筆者 佐藤 清隆  (横浜国立大学) /清水 順子  (学習院大学) /ナゲンドラ・シュレスタ  (横浜国立大学) /章 沙娟  (横浜国立大学)
発行日/NO. 2013年4月  13-E-032
研究プロジェクト 通貨バスケットに関する研究
ダウンロード/関連リンク

概要

円をはじめとするアジア通貨の変動は、アジア各国の輸出競争力にどのような影響を与えるだろうか。本稿の目的は、2005年以降の日本、中国、および韓国の産業別実質実効為替相場のデータを構築することにより、3カ国のそれぞれの産業の輸出競争力が為替相場変動に伴いどのように変化しているのかを検証することである。その結果、産業別実質実効為替相場は国毎のみならず、一国内の産業毎にも大きな差があることが確認された。

どのような要因が産業別の実質実効為替相場に差をもたらしているのかについて要因分析を行った結果、電気機械産業において韓国の輸出競争力が日本と比較して大きく勝っているのは、韓国の国内生産者物価が大幅に下落していることに起因していることが判明した。一方で、日本の輸送機器産業は国内の製造コスト低下により、ウォン安時の韓国メーカーと比較してもさほど競争力を失っていない。このように、産業別の実質実効為替相場は、アジア3カ国の産業別輸出競争力の変化を検証する上で有効な指標となりうるだろう。



概要(英語)

This paper constructs a new data set of the industry-specific real effective exchange rate (REER), based on the producer price indices, of the Japanese yen, Korean won, and Chinese renminbi on a daily basis from 2005 to the present in order to provide a better indicator for the international price competitiveness of the three countries. We show a large difference in the level of REER not only between the countries but also across industries. By conducting factor decomposition analysis of industry-specific REER, it is revealed that a substantial fall in domestic producer prices during the won appreciation period has enhanced Korean firms' export competitiveness compared to Japanese firms, especially in the electrical machinery industry. In contrast, Japanese automobile firms do not lose export competitiveness with respect to their Korean counterparts, due to the relative decline of domestic production costs.

Published: Kiyotaka Sato, Junko Shimizu, Nagendra Shrestha, Shajuan Zhang, 2013. "Industry-specific Real Effective Exchange Rates and Export Price Competitiveness: The Cases of Japan, China, and Korea," Asian Economic Policy Review, Vol. 8(2), pp. 298-321.
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/aepr.12032/abstract