日本語タイトル:労働生産性の平衡分布

Equilibrium Distribution of Labor Productivity

執筆者 青山 秀明  (ファカルティフェロー) /家富 洋  (東京大学) /吉川 洋  (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2012年6月  12-E-041
研究プロジェクト 中小企業のダイナミクス・環境エネルギー・成長
ダウンロード/関連リンク

概要

労働者の労働生産性分布について、その平衡分布を求める。そこでは従事する労働者の数について、労働生産性のみに依存する制限があるとし、エーレンフェスト・ブリューリャン模型に基づいて、詳細釣り合い条件を解き、一般的な平衡分布の公式を導出する。

また、日本のほとんどの企業を網羅したデータを用い、労働生産性のさまざまな領域について従業員数の平均値を実証的に調べる。上で述べた理論形式はこの結果の2つの特質、すなわち、労働生産性の中低領域において分布が負の温度のボルツマン分布に近いこと、また、労働生産性がある閾値を越えて大きくなると、平均労働者数が労働生産性の負のべきで減少すること、を共に説明することを示す。

概要(英語)

We construct a theoretical model for equilibrium distribution of workers across sectors with different labor productivity, assuming that a sector can accommodate a limited number of workers which depends only on its productivity. A general formula for such distribution of productivity is obtained, using the detail-balance condition necessary for equilibrium in the Ehrenfest-Brillouin model.

We also carry out an empirical analysis on the average number of workers in given productivity sectors on the basis of an exhaustive dataset in Japan. The theoretical formula succeeds in explaining the two distinctive observational facts in a unified way, that is, a Boltzmann distribution with negative temperature on the low-to-medium productivity side and a decreasing part in a power-law form on the high productivity side.

Published: Hideaki Aoyama, Hiroshi Iyetomi, Hiroshi Yoshikawa, 2015. "Equilibrium distribution of labor productivity: a theoretical model," Journal of Economic Interaction and Coordination, Vol. 10(1), pp. 57-66.
http://link.springer.com/article/10.1007/s11403-013-0118-9