日本語タイトル:環境アウトソーシング:汚染集約的生産工程の海外委託の検証

Environmental Outsourcing

執筆者 大久保 敏弘  (神戸大学経済経営研究所) /Matthew A. COLE  (英国・バーミンガム大学) /Robert J.R. ELLIOTT  (英国・バーミンガム大学)
発行日/NO. 2010年10月  10-E-055
研究プロジェクト 貿易政策と企業行動の実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

近年、多くの日本企業は生産工程の一部を活発に海外生産に委託している。本論文では国内での環境対策コストの軽減のため、汚染集約的な生産工程を海外に外注(環境アウトソーシング)しているか否かを検証する。一般的によく知られた汚染回避仮説の検証とも重なる。本論文ではまず初めに企業の異質性に着目して環境アウトソーシングの理論モデルを構築し、主に企業の生産性、企業規模、アウトソーシングにかかる輸送費や環境対策費用の関係を明らかにする。この理論に基づき、日本の企業データを用いて実証する。回帰の結果、日本企業が環境アウトソーシングしている可能性が高いことを示した。

概要(英語)

Recent years have witnessed a dramatic increase in the number of firms shifting stages of their production processes overseas. In this paper we investigate whether firms outsource the dirtier stages of production to minimise domestic environmental regulation costs - a process broadly consistent with the pollution haven hypothesis. We develop a theoretical model of environmental outsourcing that focuses on the roles played by firm size and productivity, transport costs and environmental regulations. We test the model's predictions using a firm-level data set for Japan. We find evidence of an 'environmental outsourcing' effect although this is mitigated by transport costs and other factors related to dirty good production.

Published: Matthew A. Cole, Robert J. R. Elliott, Toshihiro Okubo, 2014. "International Environmental Outsourcing," Review of World Economics, Vol. 150(4), pp. 639-664.
http://link.springer.com/article/10.1007/s10290-014-0193-6