H27-1-07

モノづくりにおけるビッグデータ活用とイノベーションに関する実態調査
Survey of Big Data Use and Innovation in Japanese Manufacturing Firms

プロジェクト

日本型オープンイノベーションに関する実証研究

プロジェクトリーダー

元橋 一之 (ファカルティフェロー)

調査の目的

昨今のインターネット技術の進展によって、製造業のあり方が大きく変化してきている。特に、IoT(Internet of Things)やIndustry4.0など欧米企業におけるデータを活用した製造業企業の新しいビジネスモデルやサプライチェーンのあり方は、日本のモノづくりにとっても大きな脅威となっている。

本調査は、ヒト、モノ両面のビッグデータを活用したイノベーションについて、日本の製造業企業がどのような取り組みを行っているのか、また、そのための企業内、企業間の組織を整備しているのかといった実態を把握することを目的とする。

調査概要

     
調査対象

製造業に属する企業(上場、非上場)から業種と企業規模により層化抽出した 4,209社

調査手法

郵送調査

実施時期

平成27年(2015年)11月〜12月

回収数(回収率)

596件(14.2%)

主な調査項目
  1. 組織の会社概要
  2. データ活用に関する体制・組織
    • 2-1 全体的なデータ活用について
    • 2-2 各部門別のデータ活用について
    • 2-3 全体的なデータ・部門別データの活用に関する方針と実状
    • 2-4 IoTに対する取り組み
    • 2-5 情報の取得・活用についての興味・感心
  3. 企業内データ部門別データ収集・利用状況
    • 3-1 個々の製品部門、材料などのモノに関するデータ
    • 3-2 個々の製品部品、材料などのモノ以外に関するデータ
    • 3-3 取得しているデータの効果
  4. 企業外データの活用
    • 4-1 サプライヤとのデータ活用
    • 4-2 顧客とのデータ活用
    • 4-3 サプライヤ・顧客以外とのデータ活用

関連リンク