H30-1-12

自然災害に対する中小企業の備えと地域金融機関による支援についての調査

プロジェクト

地域経済と地域連携の核としての地域金融機関の役割

プロジェクトリーダー

家森 信善 (ファカルティフェロー)

調査の目的

地域金融機関は、地方経済を再生するために、さまざまな地域の主体と連携しながら地方の中小企業を支援していくことが求められています。そこで今般、連携の現状と課題を分析することを目的として、本調査を実施することといたしました。

本調査は、地域銀行、信用金庫および信用組合の支店長の方々に、①地元中小企業の自然災害に対する取組状況への金融機関から見た評価、②支援機関としての金融機関のBCP支援の取組状況、③地方自治体、税理士、日本政策金融公庫、信用保証協会などの他の支援機関との連携した取組の状況等についてお尋ねし、中小企業の自然災害等に関するリスク管理力を高める取組の現状や課題について分析することを目的としています。

調査概要

     
調査対象

金融庁に登録されている国内の民間金融機関の内、地方銀行、信用金庫、及び信用組合等の営業店舗の支店長 7,100人

調査方法

郵送調査

実施期間

2019年5月~6月

調査委託先・問い合わせ先

株式会社東京商工リサーチ 市場調査部 アンケート回収係
〒100-6810 東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル
電話:03-6910-3171 FAX:03-5221-0716
メールアドレス:rieti-tiikikinyu@tsr-net.co.jp
調査票電子ファイルダウンロード先:http://www.tsr-net.co.jp/service/product/mrq
担当:宮原、武山、佐藤 応対時間:平日(月~金)9時~12時、13時~17時