プログラム:産業フロンティア

ビッグデータを活用した新指標開発と経済分析:サービス産業を中心に

プロジェクトリーダー/サブリーダー

小西 葉子 顔写真

小西 葉子 (上席研究員)

リーダー

プロジェクト概要

COVID-19の世界的な感染拡大という非常事態は、ビッグデータの価値とその迅速な活用が未曽有の事態への対処や政策立案に有益であることを示した。本プロジェクトでは、公的統計、行政記録、民間企業のデータを組み合わせ、政策立案・評価に直接的に影響を与えるような社会的ニーズの高い新指標開発と経済分析を行う。コロナ禍で多くの業種で構造変化が起き、人々は新しい生活様式を余儀なくされ、私たちが知りたいこと・知らないことが明らかになってきた。食品・日用品消費の変化、観光業の今後、日本のEC化率の実態、キャッシュレス化の普及率とその経済効果分析などを対象とし、政府統計を補完するような経済指標を開発・公表することも目指す。

プロジェクト期間: 2021年3月 8日 〜 2023年8月31日

(上記プロジェクト期間のうち、研究活動期間は 2021年3月8日 〜 2023年2月28日とし、データ利用報告期間は2023年3月1日 〜 2023年8月31日とする )