プログラム:マクロ経済と少子高齢化

為替レートと国際通貨

プロジェクトリーダー/サブリーダー

小川 英治 顔写真

小川 英治 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

当研究プロジェクトでは、AMU(アジア通貨単位)とAMU乖離指標、および日本を含むアジア9カ国の産業別実質実効為替相場のデータを公開し、内外の研究者から注目されている。こうした独自のデータベースを「為替レートと国際通貨」というより広いテーマの下でさまざまな視点からマクロ経済分析・ミクロ経済分析に応用することにより、日本やアジアにおける生産構造や経常収支動向の変化、米国金融政策変更のアジア通貨への波及効果やアジアで望まれるべき為替政策といった近々の課題に対して、多面的な政策インプリケーションをもたらすことを目的とする。

活動期間: 2015年4月 1日 〜 2017年3月31日

主要成果物

2018年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2016年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2015年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー