プログラム:産業・企業生産性向上

東アジア産業生産性

プロジェクトリーダー/サブリーダー

深尾 京司 顔写真

深尾 京司 (プログラムディレクター・ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

労働人口が減少する日本にとって、生産性上昇は経済成長の主要な源泉である。本プロジェクトでは、一橋大学のグローバルCOEプログラム「社会科学の高度統計・実証分析拠点構築」(G-COE Hi-Stat)と協力して日本産業生産性(JIP)データベースを毎年更新し、日本の産業構造と生産性動向を分析する。また、中国産業生産性(CIP)データベースを構築し、世界経済成長の原動力であるにもかかわらず政府統計が不十分な中国経済を分析する。さらに、ハーバード大のWorld KLEMSプロジェクトやEUの国際産業連関表データベース(WIOD)プロジェクトと連携し、日中を含む世界各国の生産性動向比較を可能にする。

活動期間: 2011年4月 1日 〜 2013年3月31日

主要成果物

2012年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

関連ウェブサイト

2011年度の成果

関連ウェブサイト