政策研究領域(隣接基礎研究領域) C. パネル・ミクロデータの整備と活用

RIETIデータ整備プロジェクト

プロジェクトリーダー/サブリーダー

冨田 秀昭 顔写真

冨田 秀昭 (研究コーディネーター)

リーダー

小西 葉子 顔写真

小西 葉子 (研究員)

リーダー(2008年度まで)

尾崎 雅彦 顔写真

尾崎 雅彦 (上席研究員)

アドバイザー

プロジェクト概要

2008年度~2010年度

RIETIが所有するデータには、通常研究機関がデフォルトとして所蔵している比較的低コストで入手可能なデータに加えて、各プロジェクトが研究遂行のために購入した大規模データやプロジェクトの成果物として形成されたデータ(アンケート調査の結果も含む)がある。本プロジェクトの目的は、これらのデータセットに対し、利用者がより効率的にデータが使用可能となるためのインフラ整備を行うことである。加えて、研究者のみでなく社会的にも新たな知見を与え得るデータ(アンケート調査の結果など)の公表可能性やその手段も視野に入れ、所内での活発な議論の場になることも目的としている。

さらにRIETIには経済産業省が所有する個票データのハンドリングについての知識がすでに集積しており、研究者が個票を入手して速やかに分析に移行できるように、各統計データのマッチング等のコンバータ作りにも取り組んでいる。これらのデータ整備を行うことで、新統計法の施行後の対応や、RIETIの存在価値や独自性を高めることが可能であると考える。

活動期間: 2008年7月14日 〜 2011年3月31日

主要成果物

2009年度の成果

関連ウェブサイト