RIETI公開BBLウェビナー

ASEANのデジタル・ディバイドとビジネスチャンス – ASEAN地域の実態調査より

開催案内

世界の1200以上のユニコーンを地域別に見ると、ASEANは28社(2023年4月現在)と日本の6社を大きく上回っており、約7億の人口を擁するASEANはいまやイノベーションと世界経済成長のセンターとなっている。一方で、その発展度は地域間で大きな格差があり、包括的な経済成長の達成、特にデジタル格差の解消はASEANにとって重要な課題となっている。
本講演では、アジアのトップシンクタンクの一つであるERIA(東アジア・アセアン経済研究センター)が行ったASEANの中小企業のデジタル格差の実態調査を引きつつ、今後のASEANの課題と日本企業のビジネスチャンスについて解説する。

イベント概要

  • 日時:2023年9月28日(木) 12:15-13:15
  • 開催方法:オンライン開催(Live 配信)
  • 開催言語:日本語
  • 参加費:無料
  • 主催:独立行政法人経済産業研究所(RIETI)
  • お問合せ:経済産業研究所コンファレンス担当 馬場
    E-mailアドレス
    ※「メーラで送信」が起動しない場合は、お手数ですがフォームの文字列をコピーして@でつなげてください。

参加申し込み
(外部サイトに移動します)

講演者・略歴(敬称略)

スピーカー:
  • 及川 景太(東アジア・アセアン経済研究センター エコノミスト)
    カリフォルニア大学デービス校(Ph. D in Economics)。2006 年経済産業省入省。経済産業省経済産業政策局調査課課長補佐を経て現職。国際貿易投資研究所客員研究員、経済産業研究所コンサルティングフェローを務める。著書に『アジア総合開発計画3.0』(共編著)など。
  • 岩崎 総則(東アジア・アセアン経済研究センター 政策研究官)
    京都大学大学院法学研究科法制理論専攻博士後期課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員(DC1)等を経て現職。早稲田大学総合研究機構自動車・部品産業研究所招聘研究員、国際貿易投資研究所(ITI)客員研究員、経済産業研究所コンサルティングフェローを務める。著書にASEAN and Japan Relation As A Significant Partner(共著)、From Nickel to Electric Cars? Indonesia's Resource Cum Automobile Industry Policy(共著)など。
モデレータ:
  • 佐分利 応貴(RIETI上席研究員 / 経済産業省大臣官房参事)