野村 浩二

野村 浩二顔写真

野村 浩二 NOMURA Koji

ファカルティフェロー

慶應義塾大学産業研究所教授

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

経済統計、生産性分析、エネルギー・環境、日本・アジア経済

研究プロジェクト

学歴

1993年 慶應義塾大学商学部卒業
1995年 慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了 (M.Phil.)
1998年 同大学大学院博士課程修了
2005年 同大学商学博士号 (D.Phil.)取得

職歴

1996年 - 2003年 慶應義塾大学産業研究所助手
2003年 - 2017年 慶應義塾大学産業研究所准教授
2003年 - 2005年 ハーバード大学ケネディスクール行政大学院CBGフェロー
2005年 - 2008年 内閣府経済社会総合研究所客員主任研究員
2006年 - 2007年 OECD 科学技術産業局エコノミスト
2007年 - 国際機関アジア生産性機構APO-PDBプロジェクトマネージャー
2009年 - 日本政策投資銀行設備投資研究所客員主任研究員
2012年 - 内閣府経済社会総合研究所客員主任研究員
2017年 - 慶應義塾大学産業研究所教授

主な著作物

  • APO Productivity Databook 2017, Keio University Press, 2017. (coauthored with Fukunari Kimura)
  • 「英独におけるエネルギー生産性の改善は持続可能か」, RCGW Discussion Paper, 60, 日本政策投資銀行 設備投資研究所 地球温暖化研究センター, 2017.
  • "A Half Century of Trans-Pacific Competition: Price level indices and productivity gaps for Japanese and U.S. industries, 1955-2012," in D. W. Jorgenson, et al. (eds.) The World Economy – Growth or Stagnation?, Cambridge University Press, Chapter 13, 469-507, 2016. (coauthored with Dale W. Jorgenson and Jon D. Samuels ).
  • "A Growth Accounting Framework for the Kingdom of Bhutan, 1990–2014," Development Policy and Analysis Division, United Nations Department of Economic and Social Affairs (UNDESA), 2016.
  • "Labor Productivity and Quality Change in Singapore: Achievements in 1974-2011 and Prospects for the Next Two Decades," KEO Discussion Paper, No. 129, 55p, September 2012. (coauthored with Tomomichi Amano)
  • 「地球温暖化対策の経済評価」, 茅陽一監修『CO2削減はどこまで可能か-温暖化ガス-25%の検証』(慶應義塾大学産業研究所選書), エネルギーフォーラム, 第4章, 2009
  • "On Measuring the Productivity and the Standard of Living in Japan, 1955-2006," KEO Discussion Paper, 115, 2009. (co-authored with W. Erwin Diewert and Hideyuki Mizobuchi)
  • "The Industry Origins of the US-Japan Productivity Gap," Economic System Research, Vol. 19, No.3, 315-342, 2007 (coauthored with Dale Jorgenson)
  • "The Industry Origins of Japanese Economic Growth," Journal of the Japanese and International Economies, Vol. 19, No. 4, 482-542, 2005 (coauthored with Dale Jorgenson)
  • 『資本の測定―日本経済の資本深化と生産性』慶應義塾大学出版会, 2004
  • "Technological Change and Accumulated Capital: A Dynamic Decomposition of Japan's Growth," in Dietzanbacher E. and Lahr M. (eds.), Wassily Leontief and Input-Output Economics, Cambridge University Press, Chap 15, 256-293, 2004 (coauthored with Masahiro Kuroda)
  • "Cost of Reducing CO2 Emissions in Japan," in Chang C. , Mendelsohn R., and Shaw D. (eds.), Global Warming and the Asian Pacific, Edward Elgar, chapter 8, 153-167, 2003 (coauthored with Masahiro Kuroda)
  • 「環境政策の一般均衡分析」,『三田商学研究』, 第41巻第4号, 27-54, 1998 (黒田昌裕氏と共著)
  • 『KEOデータベース―産出および資本・労働投入の測定』, 1997 (黒田昌裕氏・新保一成氏・小林信行氏との共著)

その他

2005年 第48回 日経・経済図書文化賞(日本経済新聞社)
2005年 義塾賞(慶應義塾大学)