松本 和幸

松本 和幸顔写真

松本 和幸 MATSUMOTO Kazuyuki

ファカルティフェロー (2008年03月31日まで)

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科教授

研究分野 主な関心領域

企業行動論、比較経済学

学歴

1972年3月 京都大学数理工学科卒業
1974年3月 京都大学経済学部卒業
1990年3月 経済学博士(京都大学)

職歴

1974年 4月 日本開発銀行入行
1979年 3月 同 設備投資研究所研究員
1985年 4月 同 調査部調査役
1986年10月 ブルッキングズ研究所客員研究員
1988年 6月 大蔵省財政金融研究所主任研究官
(1990~1996 財政金融研究所特別研究官)
1998年 4月 設備投資研究所主任研究員、副所長
2003年 4月 立教大学教授

主な著作物

■著書・編著
『日米アジアNIEsの国際競争力』東洋経済新報社,1989(花崎正晴氏との共著)
『金融市場自由化はここまで進む』東洋経済新報社1990(渡邊健氏との共著)
『銀行の生き残り戦略』東洋経済新報社1990(村山純氏他との共著)
「The impact of FDI on Japan's trade balance with the EC」『Japanese Direct Investment in Europe』Avebury.,1990
『経済成長と国際収支』日本評論社,2003
「アメリカ経済の生産革命」『原典アメリカ史9巻』岩波書店,2006(予)

■論文
「日米ハイテク産業の国際競争力と研究開発」,『調査』,112号,1988年
「円高が日本経済に与えた影響と産業の円高適応力」,『フィナンシャル・レビュー』,15号,1989年(白井喜久氏他との共著)
「アメリカにおける銀行等の破綻処理政策」,『フィナンシャル・レビュー』,51号,1999年
「日米の生産統計・物価統計について」,『フィナンシャル・レビュー』,58号,2001年
「経済の情報化とITの経済効果」,『経済経営研究』,Vol.22-1,2001年

その他

■所属学会
日本経済学会、日本統計学会、日本経済政策学会、アメリカ学会
American Economic Association

関連プロジェクト