日本語タイトル:製品の複雑性、輸出、為替レート:日本の化学産業におけるエビデンス

Product Complexity, Exports, and Exchange Rates: Evidence from the Japanese Chemical Industry

執筆者 Willem THORBECKE (上席研究員)/Nimesh SALIKE (Xi'an Jiaotong-Liverpool University, Suzhou)/CHEN Chen (Xi'an Jiaotong-Liverpool University, Suzhou)
発行日/NO. 2020年11月  20-E-085
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、為替レートが日本の化学産業に及ぼす影響について分析した。ある国の1つの産業の輸出に注目することで、推論を困難にし得る他の要素の影響を縮小できる。分析の結果、円高においてはコモディティ化が進む産業に関連する企業の株式リターンは低下することが明らかとなった。また、複雑性のより高い製品は国際貿易において代替性が低いことから、そうした製品の価格弾力性は低いのかどうかについて分析した。本研究では、複雑性の測定はHausmann and Hidalgo (2009)の製品複雑性指標(PCI)を用いた。価格弾力性は、複雑性の高い財ほど低くなることが明らかとなった。こうした結果は、高度化レベルの高い製品を輸出することにより、為替レートの変動に起因する輸出および利益の変動を緩和できることを示唆している。

概要(英語)

We investigate how exchange rates affect the Japanese chemical industry. Focusing on exports in a single industry from a single country reduces the influence of other factors that could cloud inference. We find that stock returns of firms linked to commoditized industries decrease when the yen appreciates. Also, since more complex products are less substitutable in international trade, we investigate whether they have lower price elasticities. We measure complexity using Hausmann and Hidalgo's (2009) product complexity index. We find that price elasticities are lower for more complex goods. These results suggest that exporting sophisticated products could reduce export and profit volatility arising from exchange rate swings.