日本語タイトル:新型コロナ危機への財政的対応:最初の6ヶ月間

Fiscal Responses to the COVID-19 Crisis in Japan: The First Six Months

執筆者 安藤 道人 (立教大学)/古川 知志雄 (マサチューセッツ工科大学)/中田 大悟 (上席研究員)/角谷 和彦 (研究員(政策エコノミスト))
発行日/NO. 2020年7月  20-P-018
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、新型コロナウイルス感染症の危機に対する日本政府の対応を、2020年1月から6月までの間に実施された財政措置を中心に概観する。危機が激化する中、政府は総額が対GDP比で10%を超える緊急予算を準備した。その特徴的な対策の1つは、全ての世帯に対して1人当たり10万円の定額給付金を実施したことである。また、解雇や倒産を防ぐために、企業や労働者を支援する各種融資や補助金制度も創設・拡充した。さらに、その他の既存の社会保障制度や自治体独自の対策についても簡潔に述べる。

概要(英語)

This paper provides an overview of the Japanese government's response to the COVID-19 crisis in terms of the fiscal measures taken between January and June, 2020. As the crisis intensified, the government passed emergency budgets with a total value exceeding 10% of GDP. One of the main programs was an unconditional cash transfer for households in the amount of 100,000 JPY (i.e., 909 USD) per resident. In addition, to prevent layoffs and bankruptcies, the government created and expanded various loan and subsidy programs to support firms and workers. Other existing social programs and local economic policies are also reviewed.