日本語タイトル:コロナ危機で最も影響を受けるのは誰なのか? 労働市場の異質性と厚生分析

Who Suffers from the COVID-19 Shocks? Labor Market Heterogeneity and Welfare Consequences in Japan

執筆者 菊池 信之介 (マサチューセッツ工科大学)/北尾 早霧 (ファカルティフェロー)/御子柴 みなも (東京大学)
発行日/NO. 2020年7月  20-E-064
ダウンロード/関連リンク

概要

日本の労働市場における新型コロナウィルス(COVID-19)危機の影響は、各労働者の年齢・性別・雇用形態・教育水準・職業・産業によって異なる。本論文では、複数のデータを用いてCOVID-19危機発生後、最初の数か月間における雇用と収入の変化を実証的に考察する。その上で、世代重複型モデルを構築し、それらの異質な変化の厚生効果を定量化する。

分析の結果、異質性の各断面において、危機以前から低所得であった層へより甚大な被害が観察され、格差が増幅することがわかった。具体的には、正規雇用者より非正規雇用者、中高年層より若年層、男性より女性労働者がより大きな影響を受け、対人的でリモートワークに対して柔軟でない仕事に従事する労働者はそうでない労働者よりも、より大きな打撃を受けていることがわかった。また、もっとも甚大な影響を受けるグループは、対人的かつリモートワークに対して柔軟でない仕事に従事する、大卒未満の女性の非正規労働者のうち、単身あるいは配偶者もまた同様に甚大な被害を受けるグループに該当する人たちである。

概要(英語)

Effects of the COVID-19 shocks in the Japanese labor market vary across people of different age groups, genders, employment types, education levels, occupations, and industries. We document heterogeneous changes in employment and earnings in response to the COVID-19 shocks, observed in various data sources during the initial months after onset of the pandemic in Japan. We then feed these shocks into a life-cycle model of heterogeneous agents to quantify welfare consequences of the COVID-19 shocks. In each dimension of the heterogeneity, the shocks are amplified for those who earned less prior to the crisis. Contingent workers are hit harder than regular workers, younger workers than older workers, females than males, and workers engaged in social and non-flexible jobs than those in ordinary and flexible jobs. The most severely hurt by the COVID-19 shocks has been a group of female, contingent, low-skilled workers, engaged in social and non-flexible jobs and without a spouse of a different group.