日本語タイトル:新型コロナウイルス感染症による危機が日本の産業に与えた影響:株式市場からのエビデンス

How the Coronavirus Crisis Affected Japanese Industries: Evidence from the Stock Market

執筆者 Willem THORBECKE (上席研究員)
発行日/NO. 2020年6月  20-E-061
ダウンロード/関連リンク

概要

新型コロナウイルス感染症による危機が、日本経済に大きな打撃を与えている。本稿では、各産業への影響を明らかにするため、株式のセクター別リターンの反応について検証する。機械セクターへの悪影響の原因としては、マクロ経済へのエクスポージャーが高いことが挙げられる。不動産業と観光業の不振は、マクロ経済的影響ではなく、自主的なロックダウン(外出自粛)と移動制限などの要因によるものである。一方、健康、娯楽およびデリバリーのサービスに関係するセクターは好調であったが、その理由はマクロ経済環境にあるのではなく、それぞれの特異的な優位性にある。マクロ経済要因によって打撃を受けた機械などのセクターに最も大きな影響を与えた要因は、世界経済、為替レートあるいは原油価格ではなく、日本経済そのものである。こうした知見から示唆されるように、日本経済の成長を促進することこそ日本企業の回復を後押しする鍵となる。

概要(英語)

The COVID-19 Crisis has buffeted the Japanese economy. To investigate how industries have been impacted this paper examines the response of sectoral stock returns. The machinery sector has suffered due to its exposure to the macroeconomy. Real estate and tourism have been harmed not by macroeconomic influences but by factors such as the voluntary lockdown and the travel restrictions. Sectors related to health, entertainment, and delivery services gained not because of the macroeconomic environment but because of idiosyncratic advantages. For those sectors such as machinery harmed by macroeconomic factors, the strongest impact has come from the Japanese economy itself rather than the world economy, exchange rates, or oil prices. These findings imply that nurturing the Japanese economy is key to helping Japanese firms recover.