日本語タイトル:本邦クレジットスプレッドカーブの分布と景気動向

The Credit Spread Curve Distribution and Economic Fluctuations in Japan

執筆者 沖本 竜義 (客員研究員)/鷹岡 澄子 (成蹊大学)
発行日/NO. 2020年4月  20-E-030
ダウンロード/関連リンク

概要

景気を予測することは実務家や政策当局にとって、非常に重要な問題である。本稿は、クレジットスプレッドカーブと将来の景気との関係を調べることにより、この問題に関して、新たな知見を得ることを試みる。そのため、まず社債のクレジットスプレッドの企業別データを用いて、本邦クレジットスプレッドカーブの分布を2004年4月から2019年3月の期間に渡り構築した。そのうえで、クレジットカーブの分布のどの十分位点が、将来の景気動向に対して最も予測力を保有するかを検証することを試みた。検証の結果、より大きな十分位点、すなわち、より信用力が低いと考えられる社債のクレジットスプレッドが将来の景気動向の予測に関して、より有効な情報を保有していることが明らかとなった。また、クレジットスプレッドの景気循環に対する予測力は、クレジットスプレッドの不確実性が小さい時期において高まることが確認され、クレジットスプレッドの不確実性に大きく依存する可能性が示唆された。

概要(英語)

Predicting the future economy is of great interest for practitioners and policymakers. This study challenges this problem by examining the relation between credit spread curves and future economic activity. To this end, we calculate the credit spreads of corporate bonds at the firm level to construct an empirical distribution of credit spread curves covering every month from April 2004 to March 2019. Then we examine which deciles of this empirical distribution have more predictive power for economic growth rates. Our results indicate that the credit spread curve information in higher-ranked deciles (implying lower credit quality) is the most useful and economically important for the business cycle. We also distinguish between two regimes according to credit spread uncertainty by employing a smooth-transition model to determine whether this uncertainty affects the predictive relationship between credit spread curves and the business cycle in Japan. Our results suggest that the predictive power of credit spread curves heavily depends on uncertainty in the corporate bond market. More specifically, our results demonstrate that the credit spread curves have more predictive power for economic growth rates under the low corporate bond market uncertainty regime.