日本語タイトル:特恵関税適用か法人税回避か:自由貿易協定と移転価格

Tariff Elimination versus Tax Avoidance: Free Trade Agreements and Transfer Pricing

執筆者 椋 寛 (学習院大学)/大越 裕史 (ミュンヘン大学)
発行日/NO. 2019年12月  19-E-099
研究プロジェクト オフショアリングの分析
ダウンロード/関連リンク

概要

自由貿易協定(FTA)に付随する原産地規則は、特恵関税の適用を受けるための輸出財の原産地要件を定めている。本稿は、多国籍企業が関連会社間の企業内貿易において設定する移転価格を操作できる場合、原産地規則を定めたFTAの締結が多国籍企業の移転価格付けに与える影響とその厚生効果について、国際寡占モデルを用いて理論的に分析する。FTAの締結前は、多国籍企業は高い法人税を回避するか、あるいはライバル企業との競争を有利にするために移転価格の水準を設定する。しかし、FTAの締結後は、多国籍企業は付加価値基準による原産地規則が制約となり、当該企業が域外で生産した中間財の移転価格を原産地規則を満たすように調整するか、あるいは中間財の生産点を域外から域内に変更する場合がある。こうした移転価格の変化や中間財の生産立地点の転換を考慮すると、全ての企業が原産地規則を満たし、従って直面する関税がゼロであったとしても、FTAの締結が多国籍企業ならびにFTA域内の企業の利潤を同時に下げることがある。その一方で、付加価値基準の原産地規則の存在がFTAの消費者利益を増大させる効果や、域内の厚生を改善させる効果を持つ可能性もある。FTAの効果を評価する際には、関税の変化だけではなく、それに伴う移転価格の変化を考慮する必要である。

概要(英語)

Free trade agreements (FTAs) entail rules of origin (ROO), which require exporters to identify the origin of exports to prove eligibility for preferential tariff rates. This paper investigated how a multinational enterprise (MNE) in an international oligopoly model reacts to an FTA with ROO when it can manipulate its transfer price for intra-firm trade. Before the formation of an FTA, the MNE uses the transfer price to avoid a high corporate tax or to shift profits from the rival firm in the final-goods market. After the FTA formation, ROO can force the MNE to set the transfer price such that it meets the value-added requirement of ROO, or to change the location of its input production. We show that an FTA with ROO may decrease the profits of both the MNE and the local firm, even when they comply with ROO and take advantage of the tariff elimination provided for in the FTA. Furthermore, there is a case where ROO increase the consumer's gains from an FTA and transform a welfare-reducing FTA into a welfare-improving FTA.