日本語タイトル:外国為替相場の日本の物価へのパススルー ― 輸入物価、企業物価、コアCPIへの影響

Exchange rate pass-through on Japanese prices: Import price, producer price, and core CPI

執筆者 佐々木 百合 (明治学院大学)/吉田 裕司 (滋賀大学)/大坪 ピョートル寛彰 (日本エア・リキード)
発行日/NO. 2019年10月  19-E-078
研究プロジェクト 為替レートと国際通貨
ダウンロード/関連リンク

概要

2013年に始められた日本の量的質的金融緩和政策では2%のインフレ率がターゲットとされた。2012年の安倍政権発足から2015年にかけてインフレ率上昇要因の一つである円ドル相場は大きく円安になったが、そのような変化は期待されるほど日本の物価を上昇させなかったと指摘されている。本稿では、なぜ大幅な円安がインフレ率を十分上昇させなかったのかを明らかにするために、外国為替相場の変動がコアCPI上昇に与える影響を分析する。本稿の特徴は、第一に、使用する日銀の輸入物価指数に正確に一致するウェイトを用いた名目実効為替レートと企業物価指数を構築しているところである。第二に、推定手法としてTVP-VAR(時変パラメータ自己回帰分析)を用いることで、パラメーターの変化をとらえているところ、第三に、外国為替相場からコアCPIへの直接的影響のみならずパススルー、輸入物価、国内企業物価、消費者物価の各段階、また産業別の影響を分析しているところである。主な結果は、外国為替相場の物価への影響はレベルとしては小さいものの近年上昇している、産業内の影響も小さくはなく、円安の消費者物価の上昇への影響を妨げているものは、企業物価指数の段階で産業間のスピルオーバー効果が小さいからだということだ。

概要(英語)

Against the background of the two percent inflation target set in Japan that started in 2013, we investigate the impediments in the process of passing exchange rate fluctuations to the core consumer price index. To this end, we construct industry-level nominal effective exchange rate and industry-level producer price indices, which are matched with the industry classifications used for import price indices. Time-varying parameter vector autoregression analysis reveals that, in general, exchange rate pass-throughs increased, especially after the global financial crisis. Among the pass-throughs that occur at the import price, domestic producer price, and consumer price stages, we find that the weakest link exists between the import price and domestic producer price. However, the impact on the industry is not negligible; the small spillover effect on other industries at the producer price stage prevents consumer prices from rising after depreciation.