日本語タイトル:配分効率性を考慮した動学的生産性分解

Dynamic Productivity Decomposition with Allocative Efficiency

執筆者 細野 薫 (ファカルティフェロー)/滝澤 美帆 (学習院大学)
発行日/NO. 2019年9月  19-E-069
研究プロジェクト 企業成長と産業成長に関するミクロ実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

われわれは、集計生産性の変化を、技術的効率性の変化、配分効率性の変化、財のバラエティの変化、および、参入者・退出者の相対的効率性に分解する新しい方法を提示する。技術的効率性は生産可能性フロンティアによって、また、配分効率性は同フロンティアからの距離によって測定する。われわれの分解方法を日本の事業所レベルおよび企業レベルのデータに当てはめた結果、1990年代後半の銀行危機の時期には配分効率性が低下し、2000年代後半のグローバル金融危機の時期には技術的効率性が低下したことが明らかになった。また、参入者および退出者はいずれも生存者に比べて相対的に効率的である傾向にあったことも明らかになった。

概要(英語)

We propose a novel approach to decomposing aggregate productivity growth into changes in technical efficiency, allocative efficiency, and variety of goods as well as relative efficiency of entrants and exiters. We measure technical efficiency by the aggregate production possibility frontier and allocative efficiency by the distance from the frontier. Applying our approach to establishment- and firm-level datasets from Japan, we find that the allocative efficiency among survivors declined during the banking crisis period. We also find that the technical efficiency declined during the Global Financial Crisis period. Furthermore, we find that both entrants and exiters were likely to be more efficient than survivors.