日本語タイトル:「標準化活動に関するアンケート」の結果:日本法人の2017年に於ける標準化活動(実施、知識源、組織構造、及び人工知能技術への関心)

Results of a survey on standardization activities: Japanese institutions' standardization activities in 2017 (Implementation, knowledge source, organizational structure, and interest to artificial intelligence)

執筆者 田村 傑 (上席研究員)
発行日/NO. 2019年8月  19-P-013
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、標準化活動に関する日本の法人に対するアンケート結果について議論しています。今日、標準化活動はプラットフォーム構築戦略と同じ意味を持ち、企業戦略の中心的な課題となっています。また、標準化活動の管理形態は組織設計と関連性を有する課題となっています。本研究では2017年における日本における法人等の、標準化活動を調査対象としています。標準化活動に関する、(1)程度、(2)知識源、および(3)組織構造、ならびに人工知能技術の標準化についての関心に係る調査に関する集計結果を示しています。

概要(英語)

This study discusses the results of a survey on standardization activities to provide valuable information on this topic. Currently, standardization is similar to platform formation in that it serves as a firm's central theme for creating a strategy. Furthermore, the management structure of standardization is of interest to understand the organizational structures of firms better. Data from selected Japanese institutions' standardization activities in 2017 are collected using a questionnaire survey. The survey contains three main categories: (1) degree of standardization activities, (2) knowledge sources for standard formation, and (3) organization of standardization activities. Particular focus is on standardization activities with regard to artificial intelligence. To the best of my knowledge, this comprehensive survey related to standardization activities is the first of its kind.