日本語タイトル:原油価格ショックの不確実性と符号に依存した効果に関する定量分析

Uncertainty-Dependent and Sign-Dependent Effects of Oil Market Shocks

執筆者 Bao H. NGUYEN (Australian National University)/沖本 竜義 (客員研究員)/Trung Duc TRAN (University of Melbourne)
発行日/NO. 2019年6月  19-E-042
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿の目的は、原油市場における本源的なショック、すなわち供給ショック、総需要ショック、原油固有需要ショックが、原油市場の不確実性が高いレジームと低いレジームにおいて、異なる影響を有するかどうかを検証することである。そのために、本稿ではまず、原油価格の予測不可能な成分の確率的ボラティリティに基づいた原油価格の不確実性指数を提案した。次に、その指数を推移変数として平滑推移ベクトル自己回帰(STVAR)モデルを推定することにより、原油価格の不確実性に応じて、原油価格ショックが異なる影響をもつことを確認した。例えば、不確実性が低いレジームにおいては、供給ショックならびに原油固有需要ショックは実体経済に与える影響に対して限定的な影響しかないものの、不確実性が高いレジームにおいては、大きな影響をもつことが明らかとなった。また、本稿では原油の需要・供給ショックの符号に応じて、実体経済が非対称な反応を示すかどうかの検証も行った。その結果、非対称性は原油市場のショックに依存し、供給ショックは符号に応じて非対称な影響をもつのに対して、原油固有需要ショックの影響は対称であることが示唆された。

概要(英語)

This paper investigates the uncertainty-dependent and sign-dependent effects of the oil market fundamental shocks, namely supply, aggregate demand and oil-specific demand shocks. We do so by first proposing a novel oil uncertainty index that is measured by the stochastic volatility of the unpredictable component of oil prices. Second, we employ a nonlinear model to show that the structural oil market shocks have distinguishable effects in regimes that are characterized by high versus low oil price uncertainty. Finally, the model is extended to accommodate positive and negative oil market shocks to examine the possible asymmetric effects. In relation to real economic activity, we find that both supply shocks and oil-specific demand shocks have negligible impacts in periods of low oil price uncertainty, but they have sizeable effects in a high-oil-price-uncertainty regime. The effects of oil supply shocks are asymmetric, but oil-specific demand shocks are not, indicating that the (a)symmetric reaction of the real economic activity depends on the underlying oil market shocks.