日本語タイトル:災害に対する企業の強靭性-どういった企業が公的支援を必要とするのか?-

Enterprise Resilience to Disasters: Who Needs Public Support?

執筆者 柏木 柚香 (早稲田大学)
発行日/NO. 2019年4月  19-E-029
研究プロジェクト グローバルな企業間ネットワークと関連政策に関する研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究は、震災後の資本財への補助金が中小企業に及ぼす影響を傾向スコア法によって分析したものである。推計の結果、資本財への補助金が小売業の中小企業の業績回復に効果的であったことが見出された。しかし製造業では、補助金を交付された企業と交付されなかった企業との間に業績回復の差は見出されなかった。さらに、産業によって補助金の効果が異なるのはなぜかを、サプライチェーンのデータを用いて分析した。その結果、サプライチェーンの途絶によって補助金の効果が発現しないのではなく、サプライチェーンを通じて民間支援を受けることができるために、製造業の中小企業は公的支援を受けなくても支援を受けた企業と同様に復旧できることが示唆された。

概要(英語)

This paper examines the effect of capital subsidies after great disasters on the recovery of small- and medium-sized enterprises (SMEs) using propensity score matching estimations. Our estimates show that capital subsidies were effective for the recovery of performance for SMEs in the retail sector. However, in the manufacturing and other service sectors, we find no significant difference between the recovery of SMEs with and without the subsidy. Utilizing firm-level supply chain data, we further explore the mechanism behind the heterogeneity across sectors. Our results suggest that the heterogeneity comes from variations in the degree of private support across sectors rather than variations in supply chain disruption.