日本語タイトル:スキル・トランスファーと国際移民:高スキル労働者の英語圏への移住に関する理論分析

Skill Transference and International Migration: A theoretical analysis on skilled migration to the Anglosphere

執筆者 中川 万理子 (東京大学空間情報科学研究センター)
発行日/NO. 2018年12月  18-E-083
研究プロジェクト 都市内の経済活動と地域間の経済活動に関する空間経済分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文では、国際移民に際し言語・文化等の不一致から移住先での生産性が低下してしまう可能性があるという側面に着目して、国際的なスキル・トランスファーの困難さが国際移民活動に与える影響を分析した。特に、英語圏諸国など、言語的障壁が比較的小さいと考えられる移住先の方が、非英語圏などの言語的障壁が高いとされる移住先に比べて、高スキル労働者によって移住先として選択される傾向があることを説明した。さらに、非英語圏から英語圏に移住する際に生じる(労働生産性に関する)移住コストを軽減することは、英語圏への高スキル移民の集積を促進する一方、英語圏内での移住に関するコストの軽減や、実質的な英語圏の拡大(英語によるコミュニケーションが容易であるヨーロッパ言語諸国など)は必ずしも英語圏への高スキル移民の集積を促進するとは限らないという結果を導いた。

概要(英語)

In this paper, we analyze how skill transference from an origin to destination country, captured by lower productivity at the destination caused by differences in language use, affects international migration by skilled workers, using a multi-country NEG model proposed by Gasper et al. (2017). Specifically, our interest is to explain how less frictional countries in terms of linguistic communication such as those in the Anglosphere (English-speaking countries) attract more highly-skilled international migrants. The analysis based on asymmetric skill transference among countries, in which the world is divided into two groups, Anglosphere (English-speaking countries) and non-Anglosphere (non-English-speaking countries), finds that countries in the Anglosphere are more likely to be the industrial core attracting all skilled (and imperfectly mobile) workers than countries in the non-Anglosphere. Also, we find that less frictional migration from the non-Anglosphere to the Anglosphere always accelerates industrial agglomeration in the Anglosphere core country, while both less frictional migration within the Anglosphere and expanding the Anglosphere (an increase in the number of countries constituting the Anglosphere) do not always accelerate industrial agglomeration in the Anglosphere due to the market crowding effect.