日本語タイトル:デジュール標準に関する生存比率の決定要因:人工知能関係技術と特許との関連

Determinants of the Survival Ratio for De Jure Standards: AI-related technologies and interaction with patents

執筆者 田村 傑 (上席研究員)
発行日/NO. 2018年8月  18-P-014
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、日本のデジュール標準について、標準化された技術のもつ特性とその継続期間に注目して、その決定要因の分析を行っています。この分析を通じて、標準の有効期間に関する決定要因に関する分析を行っています。分析結果から、トータル・コスト・オブ・オーナシップの考えに基づいて技術標準の制定・管理システムの高度化に貢献することを目的とするものです。JIS規格約14000件を対象として、セミパラメトリックな生存時間分析を行うことにより技術標準の有効期間に係る決定要因について分析を行いました。主要な結果として、技術標準のタイプ(製品、デザイン)は有意に有効期間に影響を有することが示されました。また、国際標準、法規、特許(標準必須特許)への参照は有意に有効期間を長くする影響を有することが示されました。これらに加えて、政策的に重要となっている、人工知能に関連する技術に関する標準について、分類を行い、有効期間に対して、この技術分野のもつ影響の分析を行っています。これらの知見は、地域標準のみならず国際標準の管理や制定手法の効率化を行う上で有益な知見であるとともに、地域及びグローバルなイノベーションシステムの効率化にも役立つ知見であると考えられます。

概要(英語)

In this study, I focus on the characteristics of standardized technologies and the effective terms of regional de jure standards for discussing the effectiveness of their management system. Namely, the focus is on the total cost of ownership of standards. To this end, I analyze the determining factors considering the Japanese Industrial Standards of approximately 14,000 cases. I conduct a semi-parametric survival analysis to study the determinants of the effective term. The results demonstrate that the technological category and type of technical standards (e.g., product and design) significantly affect the effective term. International standards, legislative use, and standard essential patents are also shown to have significant influence on the effective term. Moreover, the technological category of artificial intelligence (AI)-related standards is established, and the effective term of AI-related technology is found to be significantly shorter. These findings contribute to better designing of the global and regional standards management processes, which in turn will contribute to improvements in the efficiency of global and regional innovation systems.